狙うことが出来る

6 の用例 (0.00 秒)
  • コーナーキックからのキックは直接相手チームのゴールを狙うことが出来る。
  • また、思い切りのいいミドルシュートから得点を狙うことが出来る。
  • 一方でフリックシュートは浮かしてもよいので、ゴール上部を直接狙うことが出来る。
  • 一方でフリックシュートは浮かしてもよいので、ゴール上隅を直接狙うことが出来る。
  • ただし、ディメンションタイムが0にならない限りであれば、見つけ出したゲートに入らず、さらに敵を倒してエナジーボールを入手し、エンブレム上昇を狙うことが出来る。
  • これはBARが大きめで見やすく、なおかつ右リールのBARの2コマ下にチェリーがあるため、BIGとREGを同時に狙うことが出来るからであった。