犠牲を強いる

29 の用例 (0.00 秒)
  • 忠がしばしば滅私奉公的な自己犠牲を強いると言うことはできるだろう。 呉善花『新 スカートの風』より引用
  • 戦争遂行のために、民衆に犠牲を強いる軍隊の側面を露呈したのである。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • つまり私は、自分の幸福のために、みんなに犠牲を強いることを選んだのだ。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 09 贄殺し編』より引用
  • もっともこの作戦は、ロシア側にとっても多大な犠牲を強いることになった。
  • 内彦と武彦は、七掬脛にだけ犠牲を強いることにこだわっているようだ。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 3 西戦の巻(下)』より引用
  • 兵隊に犠牲を強いるよりは、伝説の恐怖を破ることを選んだらしい。 菊地秀行『トレジャー・ハンター12 エイリアン魔神国 下』より引用
  • 唯、そうだからといって上流の少数者に一方的に犠牲をいる積りは無かった。 松下竜一『砦に拠る』より引用
  • 世界恐慌はレディング鉄道に犠牲を強いることになり、この時期初めて路線の廃止が見られるようになった。
  • 全てを捨てると決めた少女の頃、他人の犠牲を強いる生き方だとは気がつかなかった。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 一方で急速な経済構造の改革は飢饉などの形で国民に犠牲を強いる事になり、反対派に対する厳しい弾圧も合わさって多数の犠牲者を出す事になった。
  • もっとも、大和自工側にいわせれば、それは部品業者だけに犠牲をいるものではない。 城山三郎『勇者は語らず』より引用
  • 大役たいやくで、将来しょうらい大きなむすぶにちがいないごく重要じゅうよう仕事しごとだが、ただ、先生に大きな犠牲ぎせいいることにもなると、わしにはわかるので。 エクトール・マロ『家なき娘〔下〕』より引用
  • 劇的な解釈により自分の声の軽やかさを克服する能力ゆえに絶賛されたが、そのことは犠牲を強いるものであったろう。
  • それは産業計画会議案による「沼田ダム」計画が余りにも沼田市に対し犠牲を強いる案であったからである。
  • その連中に犠牲を強いるな。 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』より引用
  • 英語では juggernautと表記されるが、上記の報告から転じて「恐ろしい犠牲を強いる絶対的な力や存在」を意味する単語ともなっている。
  • この活動は、パレスチナに従来から居住する非ユダヤ人に対して多大な犠牲を強いるという問題を内包していたが、強い選民意識によって肯定されてきた。
  • 津多は自分が義弟の心をみにじり、多くの犠牲ぎせいいることを知りながら、みずからあえておにになる道をとったのだ。 森真一『ほんとはこわい「やさしさ社会」』より引用
  • いささかの猶予もゆるされないかけひきのうちには、ほんのちょっとした命令の手ちがいが仮想の兵員と補給物資にとり返しのつかない犠牲を強いる危険がひそんでいたのだった。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『16 コンピューター戦争』より引用
  • しかし各国の戦略爆撃の、特に民間人に犠牲を強いる人道上の問題は今日に至るも論争の的であり、アーサー・ハリス卿に対する評価も未だに賛否両論が分かれている。
  • 次へ »