特殊合金

67 の例文 (0.00 秒)
  • 大きなターボにはターボラグ対策の為にセラミック製のコンプレッサーブレードや、チタンなど特殊合金を用いたタービンブレードが用いられる事もある。 ...
  • おれは特殊合金製のボンベのコックをゆるめ、左手に握った細長いノズルから最大圧で中身を噴出させた。 ...
  • この潜水具は「高圧空気容器用ダブルバルブ」とよばれる磁石に反応しない特殊合金で作られており、この潜水服を着用すると機雷に反応しないため、領海に機雷が敷設されている敵国にも水中から侵入できるという。 ...
  • 戦闘能力は驚異的であり、打撃は厚さ20センチメートルの特殊合金を粉々に砕き、自動車50台を瞬時にスクラップにすることができる。 ...
  • すさまじい爆発が、特殊合金の塊を微塵みじんに粉砕する。 ...
  • 圧倒的な強度を誇る特殊合金のよろいも、超音波メスには勝てない。 ...
  • テスト・カーのシリンダーやメイン・ベアリングなどは、ニッケル・クローム鋼の五倍の耐久力と耐熱力を持ちながら三分の一の軽さの日新の新発明鋼で、ほかのメーカーにこっそり真似されるのを警戒してまだ特許申請もしてないほどの代物だそうだし、ピストンにしても従来の五倍の性能を持つ特殊合金だと言ってる。 ...
  • ロケット推進装置のついたロープを見えない向う岸に打ち込み、ロープ先端の特殊合金製のドリルが大地を数十メートル潜って自らを固定する。 ...
  • 主砲発射時にはフォールドシステム上の伝導管を通じて、前部砲身ブロックにエネルギーが送られる仕組みだったが、フォールド事故でフォールドシステムが消滅した際、巻き添えで特殊合金製のエネルギー伝導管までもが消滅したため、要塞艦型での主砲発射が不可能となる。 ...
  • ボディの外装は特殊合金サイコメタル製であり、赤い左半身の左頭部には自省回路と人間と同等の知性や感情を司るメインコンピューターが内蔵されている。 ...
  • アレナックといえば、地球で使われている最強、最剛、最硬の合金鋼よりも五百倍も強靭なオスノームの特殊合金である。 ...
  • 自動車や建設機械、鉄道車輛向けの特殊鋼やばね、鉄系を主にした鋳・鍛造品、さらには自動車、航空・船舶、エネルギー、エレクトロニクスほか、幅広い分野で使用される高機能特殊合金の鋳・鍛造製品および粉末製品を生産しており、日本の鉄鋼業界においては特殊鋼メーカーとして位置付けられている。 ...
  • アルミニウム、ニッケル、タングステン、チタニウム等の鉄以外の金属から造られる部品ならびに工作機械、特殊合金による製品を開発から販売まで一手におこなっている。 ...
  • 更にカムやバルブとの接触面には、耐摩耗性に優れた特殊合金が接合されたり、窒化クロム等の硬質のめっき処理が施されるなど、耐摩耗性向上や摺動抵抗低減を図られることが多い。 ...
  • また、ネオジムとの合金はジジムといい、防眩ガラス及び防塵ガラスの材料ならびに特殊合金に用いられる。 ...
  • さらに近年では「フリーク」「コーアクシャル」に追随するように独自の脱進機を開発したり、ガンギ車やアンクル、ヒゲゼンマイにシリコンや新たな特殊合金などの先端素材を採用したりして、オイルフリーや精度向上を目指す動きもあり、さながら脱進機革命とも呼ぶべき状況が生まれつつある。 ...
  • タキオンエネルギーを動力源とし、機体は特殊合金「ミラクルシリコンニウム」製で、小規模の破損に対しては戦闘中でも自己修復が可能。 ...
  • 大学卒業後は特殊合金、大倉鉱業、満州本渓湖特殊鋼等で鉄鉱石に関する研究活動に従事、原料鉱石等の処理技術を習得。 ...
  • 合理化設計によって、「ダラー・ウォッチ」同様に軸受の宝石を減らして特殊合金で代替するなどの策を用いつつ、防水機能や耐衝撃機能も組み込み、低価格と頑丈さを両立させた。 ...
  • 次へ