物語るものであろ

24 の用例 (0.00 秒)
  • 現存する市壁の廃墟と防御用塔は、ローマ人の痕跡を物語るものである。
  • いかにこの叛乱事件がロシア政府を動揺させたかを物語るものである。 井上靖『おろしや国酔夢譚』より引用
  • それは黒潮が死の瞬間の激しい恐怖を物語るものであるらしかった。 横溝正史『呪いの塔』より引用
  • それは、かつてその場所に庭があったことを物語るものであった。
  • これは、この地方に古くからある程度の文化が開けていたことを物語るものである。 宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』より引用
  • これはサッチら戦闘機隊の援護がいかに有効に作用したかを物語るものである。 森村誠一『ミッドウェイ』より引用
  • これは氏の美術好きの根の深いことを物語るものである。 河盛好蔵『井伏鱒二随聞』より引用
  • 零戦による爆撃攻撃が、いかに危険率が高いかを物語るものである。 御田重宝『特攻』より引用
  • それわ、アイヌに魚お主食とした時代のあったことお、物語るものである。 知里真志保『和人わ舟お食う』より引用
  • これは、辻が竹内の論文を好意的に評価していたことを物語るものであろう。
  • これは丹下自身が、いかにいやいやながら作ったかを物語るものであろう。 草柳大蔵『実力者の条件 この人たちのエッセンス』より引用
  • このことは、彼がいかに静子の過去から大きな衝撃を受けたかを物語るものであった。 森村誠一『虚無の道標』より引用
  • そして、それはまた同時に、仏国近代劇の著しい転向を物語るものである。 岸田国士『ジヨルジュ・クウルトリイヌに就いて』より引用
  • これは、この町の発展を建築の点から物語るものである。
  • 一体それはいかなる秘密を物語るものであろうか。 海野十三『恐怖の口笛』より引用
  • これは義士団ばかりでなく、こういった小藩の同族会社的性格を物語るものである。 大宅壮一『炎は流れる1 明治と昭和の谷間』より引用
  • それが有馬が客ではないことを物語るものであろうか。 森村誠一『虚無の道標』より引用
  • GHQ占領下の「連合国軍優先の列車設定」を物語るものであったといえる。
  • かつてなら強制的に引退させられていた年齢での契約はバルダートの実力とチームの期待の高さを物語るものである。
  • つかさが小さい商店の並んでいる小繁華街へと足を向けたことは彼女の勘のよさを物語るものであった。 井上靖『崖(下)』より引用
  • 次へ »