物語る

全て 動詞
1,772 の用例 (0.01 秒)
  • それを女性の耳に物語るということは その女性を殺すということです。 シェイクスピア/大山俊一訳『マクベス』より引用
  • それは、奈良にいたときも決して一人ではなかったことを物語っていた。 稲泉連『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』より引用
  • その表情が何よりも、いまの言葉が嘘や冗談ではないのを物語っている。 山口洋子『演歌の虫』より引用
  • リュカの表情はこの命令の重大さに気づいたことを十分に物語っていた。 シムノン/長島良三訳『メグレ夫人の恋人』より引用
  • 彼らはそれを物語る人間より自分が劣って見えるのが我慢ならないのだ。 スタンダール/白井浩司訳『恋愛論』より引用
  • 私は時々この女に会って兄の事などを物語って見たい気がしないでもない。 夏目漱石『硝子戸の中』より引用
  • もっともいまここでわたしは自分の見聞のすべてを物語るつもりはない。 モーム/田中西二郎訳『ロータス・イーター』より引用
  • 決まったのは社葬の三日前であることが、その辺の事情を物語っている。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』より引用
  • 物語り作品には筋というものはあっても体系というものはあり得ない。 戸坂潤『認識論とは何か』より引用
  • 飛行機が流星のように落ちて来たその最後の瞬間を如実に物語っていた。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『05 人類抹殺計画』より引用
  • 彼らの表情は、すっかり彼の話につりこまれていることを物語っていた。 ホーガン『創世記機械械』より引用
  • それらはどれ一つとってみても、彼女の低からざる身分を物語っていた。 今野緒雪『スリピッシュ! 03 ひとり歩きの姫君(前編)』より引用
  • テレビのニュース番組の変質が、それを正直に物語っているではないか。 森本哲郎『日本語 根ほり葉ほり』より引用
  • 言葉や行動、慎重さや思慮のない行為がすべて同じことを物語っている。 オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(下)』より引用
  • 深く物語りに関わる事もあれば、ほとんどお約束で登場のみの話もある。
  • だから私は、その事件までのことはごくあっさりと物語ることにしよう。 アンデルセン/神西清訳『即興詩人(下)』より引用
  • しかしそれにもかかわらず彼には僧の物語りが真理であるように思われた。 国枝史郎『神州纐纈城』より引用
  • それから貴方の希望通り私の過去を貴方のために物語りたかったのです。 夏目漱石『こころ』より引用
  • もし獣が唯一の叫びしか持っていないならば、その叫びは何も物語らない。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書3』より引用
  • とすると、これはいったいどのような事を物語っているのであろうか。 半村良『わがふるさとは黄泉の国』より引用
  • 次へ »