物語の口述

4 の用例 (0.00 秒)
  • 長い物語の口述筆記をするうちに、この母親似の弥江が私はいつの間にか、可愛くてならなくなった。 三浦光世『三浦綾子創作秘話』より引用
  • 神界物語の口述筆記された残りの18冊も、参澤から何度かに分けて送り届けられて、そのお礼に定雄は最終巻の後序文を認めた。
  • スペードはもう一度ハンカチを冷たい水で濡らして、こめかみに押しあて、彼女の前に突っ立ち、鷹の物語の口述筆記を開始した。 ハメット/宇野利泰訳『マルタの鷹』より引用
  • 静養かたがた霊界物語の口述をなすも、神の御仁恵ごじんけいよろこびのあまり、筆記者および信者の訪問して色々と御世話下されし其の厚意を感謝するため、諸氏の芳名はうめい読込よみこみ、長歌ちやうかを作りて第三巻の巻尾くわんびする事となしぬ。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 03 20080623』より引用