物々しい顔つき

4 の用例 (0.00 秒)
  • ようやく落ち着いて立ち上がると、ちょっと物々しい顔つきになって言った。 米原万里『パンツの面目ふんどしの沽券』より引用
  • 時おり足をとめては、可笑しいほど物々しい顔つきで、幾しずくずつか水を垂らす。 ツルゲーネフ/米川正夫訳『片恋・ファウスト』より引用
  • 村の駐在所よりは、昨夜ゆうべすでに一人の警官が駆けつけていたが、夜が明けると共に、ちかくのまちから、物々しい顔つきをした警官や刑事を運んで来て、日頃、平穏無事に慣れたこの湖畔の住民どもを、恐怖のどん底に叩きこんだのである。 横溝正史『真珠郎』より引用
  • スタイナーの脇にうずくまった秘書は、物々しい顔つきでフィルムを点検している。 小林信彦『紳士同盟ふたたび』より引用