物々しい顔

5 の用例 (0.00 秒)
  • 庚申塚の寅松は、物々しい顔を平次のところへ持って来るのでした。 野村胡堂『銭形平次捕物控 17』より引用
  • 彼は藻をひと目見てあっと驚いたが、そばには立派な侍が物々しい顔をして警固しているので、彼はむやみに声をかけることも出来なかった。 岡本綺堂『玉藻の前』より引用
  • 大教室の前に討論会の看板が出ていたので見物に入ってみると、大きく「ごはん原理主義者VSパン食連合」と書かれた幕が下がって、壇上には物々しい顔をした学生たちがならんでいます。 森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』より引用
  • おかしな麦稈帽むぎわらぼうをかぶった二人の百姓女が、美しい、煙のような色合の驢馬ろばをひいて、物々しい顔をして通りすぎた。 マンスフィールド/江上照彦訳『園遊会』より引用
  • 小笠原の物々しい深刻面の真正面からぶつかつていつて、ほかに格巧がつかないので是も苛々しながら同じやうな物々しい顔を向け合せてゐるに相違ない孤踏夫人の様子は見ものだらうと思つた。 坂口安吾『小さな部屋』より引用