物々しい空気

8 の用例 (0.00 秒)
  • 物々しい空気に圧倒されて、徳兵衛の唇の色は少し変わりました。 野村胡堂『銭形平次捕物控 06』より引用
  • 覚悟の決まっていない者ならば、それだけでも腰が引けそうな物々しい空気が一瞬にしてホールを満たした。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 01 ウェイワード・クリムゾン』より引用
  • ところがCICでの公開訓練終了直前に未確認物体が艦体に接近し、艦内は物々しい空気に包まれる。
  • 通りはまだ物々しい空気に覆われている。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • 成程玄関は下駄げたや、草履でふさがっているし、家の中には、客が集まっていて、何となく物々しい空気がみなぎっていた。 大佛次郎『赤穂浪士(下) 〓あり』より引用
  • しかるに、鎮台ちんだい城寨じようさいを一歩入ってみると、この日、なんとなく営庭から庁閣にいたるまでが物々しい空気である。 吉川英治『新・水滸伝(二)』より引用
  • 物々しい空気が御内原を覆う。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 物々しい空気だ。 高見順『敗戦日記』より引用