物々しい一行

3 の用例 (0.00 秒)
  • 棒を持ったのが踏み留まると、同時に乗物も、これを擁護した物々しい一行も、たじろいでしまいました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • こうして、このかなり物々しい一行は六角堂を乗出して、真直ぐに北へ行けば一宮から岐阜へ出る街道を、左に取って、長束ながづかから稲葉伝いの大垣街道を打たせるのです。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • そうして、動静ようすいかにとうかがっていると、この物々しい一行は、玄関へかかると、恭しく、先手が承って捧げた三宝を式台に置き、おごそかにその錦の覆いを払って、それから、一同はこれより三歩さがって、土下座をきりました。 中里介山『大菩薩峠』より引用