牛久保城主牧野氏

8 の用例 (0.00 秒)
  • その後は牛久保城主牧野氏の徳川家康に対する帰順と、家康の三河平定に寄与した。
  • ほかに倉地直秀・弟の家系がもう一系統あるとされ、この家系は牛久保城主牧野氏の属臣であった稲垣氏の家臣に転属した。
  • 藩主牧野氏の先祖は室町・戦国期の東三河地方の牛久保城主牧野氏であったとされ、初代長岡藩主忠成の祖父・成定以前の牧野氏については諸説があるが、戦国大名今川氏に属して松平氏とは対立した。
  • 戦国時代に、東三河において牛久保城主牧野氏と同等の勢力があったか否かは疑問が残るが、越後国長岡藩の伝説を記述した「温古之栞」によると、三河国牛久保城主の牧野新次郎は、徳川家康に安堵された所領を、牧野氏・真木氏・野瀬氏などと均分に分けたとしている。
  • もっとも、松平清康が三河国をほぼ統一した享禄4年に、吉田城主牧野氏及び、真木氏には清康と戦った史料・伝説が存在するが、牛久保城主牧野氏及び岩瀬氏には清康と合戦したとの史料・伝説は未見である。
  • 牧野成敏は牛久保城主牧野氏の一族で正岡城主であったが、松平清康の東征に協力した功で今橋城番となり、天文4年の森山崩れで松平清康が急死したのを機に占拠しそのまま城主になっていた。
  • 最大の相違点は京合戦で、一色氏に与力のため参陣して疲弊した伝説上の人物、牧野平三郎成興に先祖を求めるのか、それとも当家の主家筋に当たる牛久保城主牧野氏に対して徳川・松平のために一時的に反旗を翻した、実在性の確認できる正岡城主牧野成敏に求めるかである。
  • また校区内には八幡神社・光輝院の牧野成定廟・大聖寺の今川義元墳墓・長谷寺山本勘助遺髪塚・熊野神社の天然記念物牛久保のナギの木等の史跡・記念物も豊富にあり、「みつがしわ学習」と称して、牛久保城主牧野氏一族などをテーマに郷土についての学習を積極的におこなっている。