片時も目を離さ

17 の例文 (0.00 秒)
  • 彼らが片時も目を離さずに見つめているのは、同じ花畑のやや離れた一画だった。 ...
  • 大事そうに箱を地面に置く男から、片時も目を離さずに、殷雷は色々と考えた。 ...
  • 森陰を馬車に揺られて行く間、私は意識のないセイトンから片時も目を離さなかった。 ...
  • だが、片時も目を離さず見つめ続けるので、何かをしなければならなくなり、ためらいながら踊り始める。 ...
  • 彼女はいつでも動けるように、ギャラックと魔獣の動きから片時も目を離さなかった。 ...
  • さすがに沈痛な表情を作りながらも、 <香玉同好会> の三人から片時も目を離さないでいる。 ...
  • 以後彼女は、息子が転ばないようにと片時も目を離さず、拓也が歩くときは、必ず後ろから支えるように手を差しのべてついて歩いた。 ...
  • あとは自分の損得を考えるのみだが、キーマンから片時も目をはなさないままのロレンスに、逆転は不可能と判断したらしい。 ...
  • しかし片時も目を離さずにバザーロフを見ているアリーナの目は、服従と柔和だけをあらわしているのではなかった。 ...
  • パン・ダン・チーが水を飲んでいる間、わたしは男から片時も目を離さず、つづいてわたしが潟をいやしている間は、パン・ダン・チーが男を監視した。 ...
  • 陣地に籠る日本軍は片時も目を離さずにアメリカ軍を監視し、限られた弾薬を有効活用するよう最大限務めており、砲撃や射撃はアメリカ軍に最大限の損害を与えられると見極めた時に効果的に行われた。 ...
  • 川島父娘はさっきの自分のように、鏡に映った「母子像I」の写真から片時も目を離さないで、型取りの作業にいそしんでいたにちがいない。 ...
  • 私は温度計と距離計から片時も目を離さなかった。 ...
  • 犬はその手元を、片時も目を離さずに見つめているが、体をピクピクと震わせ、ヨダレをダラダラと流している。 ...
  • トーコがどんなに可愛かわいいか、ハルがどれだけトーコを愛しているか、片時も目を離さず世話を焼き、可愛がっているか。 ...
  • 桜花は俺の手をぎゅっと握り、片時も目をはなさずに、『月の盾』を焼いたときとはまた違った悲しげな眼差まなざしで、アトリエをみ込んで燃え上がる炎を眺めていた。 ...