片岡千恵

239 の用例 (0.01 秒)
  • 片岡千恵蔵の十八番とも呼ばれる戦後の代表作シリーズの一つになった。
  • 片岡千恵蔵かたおかちえぞう氏もよほど苦心はしたようであるが、どうも成効とは思われない。 寺田寅彦『映画雑感(Ⅲ)』より引用
  • 片岡千恵蔵プロダクションは、かつて京都に存在した映画会社である。
  • 主演作はほとんどなかったが、片岡千恵蔵や阪東妻三郎らの助演者として出演した。
  • 嵯峨野の自宅の隣に片岡千恵蔵プロが建ち、部屋の窓から俳優の姿が見えたという。
  • 武蔵は片岡千恵蔵と決まったが、この「お通」は一般公募となった。
  • 東映時代劇の重鎮俳優・片岡千恵蔵が67歳にしてテレビ時代劇初主演を果たしたことでも話題を集めた。
  • 父は昭和期の剣戟映画の大スターであった俳優の片岡千恵蔵で、千恵蔵が49歳の時に生まれた子である。
  • そして格さんが片岡千恵蔵、助さんが阪東妻三郎である。 筒井康隆『不良少年の映画史 PART2』より引用
  • 主演は本作を製作した片岡千恵蔵プロダクションを主宰する片岡千恵蔵である。
  • 当時東映は二本立てをやっていたが、片岡千恵蔵や市川右太衛門の作品には若いファンがいない。
  • その際に片岡千恵蔵の「千」の字を貰い、芸名を深見千三郎とした。
  • 帰つて仕事をするのかと思ふと非常に気分がうごかず、三田に来て片岡千恵蔵の活動に這入つた。 牧野信一『五月六日』より引用
  • 当時の若手人気俳優片岡千恵蔵が設立したスタープロダクションであり、設立の翌年に嵯峨野に独自の撮影所を建設した。
  • 小説発表の翌年の1947年に、早くも映画が製作・公開されているが、このとき片岡千恵蔵が演じた金田一は、戦前からの名探偵のイメージを踏襲したスーツ姿で登場する。
  • 片岡千恵蔵プロダクションの脚本部に在籍したのは1936年までであり、日活京都撮影所脚本係には1937年に正式に移籍したという記録がある。
  • 片岡千恵蔵プロダクションの設立第1作であり、稲垣浩の監督デビュー作である。
  • 主演作も多いが、片岡千恵蔵や嵐寛寿郎との共演作も多い。
  • むかし片岡千恵蔵と、市川右太衛門という二人の御大が、東映城に君臨していた。 砂川しげひさ『コテン氏の音楽帖』より引用
  • 片岡千恵蔵が演じた多羅尾伴内を林家木久扇が真似をしている。
  • 次へ »

片岡千恵 の使われ方