片多

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • たき素片多女すべたをんなのろけよつて、しり一本いつぽんもない所迄抜ところまでぬかれたとえるわい。
  • 椿貞雄氏の『石橋のある景色』や、片多徳郎氏の『郊外にて』や、山脇信徳氏の『浮木に空』などは、自然の前に拝跪する心持ちのほかに、何の想念をも現わそうとしたものであるまい。 ...