片や

全て 副詞
248 の用例 (0.00 秒)
  • 片や谷底、一方は海中というちがいはあっても、どちらも崖から落ちた。 森村誠一『日蝕の断層』より引用
  • かたや、すでに人となったはずのナギのには美しい羽が生えていた。 花鳳神也『死神とチョコレート・パフェ 1』より引用
  • 二人は、片や|使 つかいのおきてを記した半神で、片や神鬼につかえるみこの王である。 小川一水『時砂の王』より引用
  • 片やマスターベーションではそういうことは全く関係ないのである。 竹内久美子『浮気で産みたい女たち 新展開!浮気人類進化論』より引用
  • 片や翡翠は眉を逆八の字にして、慎重に慎重に土をかき分けている。 奈須きのこ『歌月十夜 55 ひみつのおたから』より引用
  • 片やツツジのひととは初対面の翌年からほとんど毎日のように顔を合わせている。 松井今朝子『辰巳屋疑獄』より引用
  • 片や穴だけ、もう片方はそこへ物を詰めこむ、このコストの差は大きい。 東海林さだお『キャベツの丸かじり』より引用
  • 片や楊志はわずかに左の肩先に一つの白点があるだけであった。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(一)』より引用
  • かたや、母親はドレスを手に持って私の横に静かに立っていた。 群ようこ『無印結婚物語』より引用
  • 同属のものでは多くのものは側羽片や頂羽片が羽状に深裂する。
  • 片や民間、片や軍隊という二人の神の代表者が、会見する段取りとなった。 ハシェク/辻恒彦訳『良き兵士シュベイク(上)』より引用
  • 片や神名の持っていた鎌は、いつの間にか腕と同化していた。 花鳳神也『死神とチョコレート・パフェ 3』より引用
  • 片やモテない色のままの二羽の状況は、依然として好転しなかった。 竹内久美子『浮気で産みたい女たち 新展開!浮気人類進化論』より引用
  • 片や、全身赤に首回りとそこから上だけが銀色の、尻尾のない着ぐるみである。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第05巻』より引用
  • 自らの言葉に酔いしれて眼を潤ませる男に、片や一本気な男は深い同情の声を聞かせた。 松井今朝子『辰巳屋疑獄』より引用
  • 片や客から呼ばれたホテトル嬢が殺されて下毛を剃毛された。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • 同じ場面にいた人でも、片や洋服の色柄を記憶し、別な人は相手の表情ばかり記憶している、というようなことが起こる。 玄侑宗久『禅的生活』より引用
  • 片やまだ少年で、悪さはしないが善いこともしない。 松井今朝子『辰巳屋疑獄』より引用
  • 片や、愛し合っている方の男女は、二十代前半の若い男女カップルだが、一般人とのことである。 西風隆介『神の系譜Ⅳ 幽霊の国・解』より引用
  • 片やEPYがいない巣では他のメスの侵入は三〇分に一回と頻繁で、ダンナは非常に人気がある。 竹内久美子『浮気で産みたい女たち 新展開!浮気人類進化論』より引用
  • 次へ »