爆発的な勢い

17 の例文 (0.00 秒)
  • 男の身体からだ爆発的ばくはつてきな勢いで後ろにっ飛ばされ、かべに打ち付けられた。 ...
  • やがて、ギリギリまで高まった緊張関係が爆発的な勢いで解放された。 ...
  • それは爆発的な勢いで広がり、あっというまに四方に遠い地平線を描く。 ...
  • 核となる氷片が爆発的な勢いで膨張を開始する。 ...
  • このまま卵が孵化すれば、爆発的な勢いでギャオスが増えることになってしまうのだ。 ...
  • 肺から空気が爆発的な勢いで出ていくたび、貴重な体力が削ぎ落とされていくことが実感できる。 ...
  • 全身の羽毛がはじけとび、灼熱しゃくねつの風が爆発的な勢いで四方に広がる。 ...
  • ドイツ留学期の大部分を国家と一体となって過した鴎外は、明治二十一年に帰朝するとそのあとの約五年間、にわかに爆発的な勢いで自己表現の活動を展開する。 ...
  • そして次の瞬間、万一、艦体相互が接触した時に損傷を防止するためのガス入り緩衝材が爆発的な勢いで膨らんだ。 ...
  • そうしてめこんだバネを、爆発的な勢いで解放。 ...
  • そして一号救命艇収容区画の外部ドアを開けば、中の空気と共に一号救命艇とミニ・スージーは爆発的な勢いで船外に射出されてしまうわけだ。 ...
  • 広まっていくということは全土の購買力も高まっているわけで、ちょうど二十世紀末から始まった経済発展と同じく、爆発的な勢いで金銭と商品が流通し始めていた。 ...
  • 戦後の高度経済成長期にはソメイヨシノの植樹が日本全国で爆発的な勢いで進められ、今日ではサクラの中で最も多く植えられた栽培品種となっている。 ...
  • 戦後の高度経済成長期にはソメイヨシノの植樹が日本全国で爆発的な勢いで進められ、サクラの中で最も多く植えられた栽培品種となっている。 ...
  • thumb|250px|シカゴ市南部、ミシガン湖沿いの人口密度が高いところ、中心街は左奥 容易に併合できる平地にある郊外部は1960年代初期から爆発的な勢いで拡大してきた。 ...
  • は、夏場から爆発的な勢いに乗った起亜タイガースの前に屈し、公式戦2位、韓国シリーズ準優勝に終わった。 ...