爆発する可能性

17 の例文 (0.00 秒)
  • アジ化メチルは常温では安定であるが、加熱されると爆発する可能性がある。 ...
  • このまま留まっていては機体が爆発する可能性が有る。 ...
  • それは再び爆発する可能性が高かった。 ...
  • 核兵器の安全性に関する実験は、偶発的に核兵器が爆発する可能性について調査された。 ...
  • 振動や何かの衝撃で爆発する可能性があるので、袴田組もうかつに手出しできないでいる。 ...
  • 低感度爆薬とは通常の爆薬よりも感度が低い、すなわち偶発的に爆発する可能性が低い爆薬のことである。 ...
  • 地上での燃焼試験では、司令船の主エンジンは燃焼室が初めに「コーティング」されていない状態で長時間噴射すると、稀に爆発する可能性があることがわかっていた。 ...
  • 体重が軽いため地雷に乗っても爆発する可能性が低く、金属探知機よりも高効率で地雷の探索が出来る。 ...
  • 燃料ペレット被覆管溶融による化学反応で多量の水素が発生 -- といった過程は進行を続け、有効な対策を打たない限りは数十時間程度で爆発する可能性がある。 ...
  • 衝撃または熱を加えることにより爆発する可能性があること、光や熱などで分解して塩化水素や窒素酸化物など有毒な気体を生じることから、取り扱いには注意を要する。
  • Forsvarets Forskningsinstituttによって行われた試験は、人間に使用された場合には弾薬が起爆しないまま貫通するため、不法な影響は持たないと結論づけたが、相手が防護服を着ていた場合は体内で爆発する可能性があり、周囲の人間にまで影響を及ぼす可能性が指摘されている。 ...
  • 火災は午前3時過ぎ頃自然鎮火したが、依然残る不発弾が爆発する可能性があり、なかなか現場へ近づけなかった。 ...
  • 東京電力や政府への不満、原子力発電所が爆発する可能性についての読者の緊張感のなさを指摘する記事を掲載し、「もう終わり」「最後にする」旨の記載を残して3度目の更新停止を行い、2012年には当該ブログそのものが削除された。 ...
  • 過マンガン酸の遊離酸と塩は、強い酸化剤であり、有機物とともに加熱すると、爆発する可能性がある。 ...
  • トゥッリウスは競技会の開催直前、私的に執政官と会談し、ウォルスキの若者とローマ人の間に不和が爆発する可能性があると伝え、巻き込まれたくないとしてローマを退去した。 ...
  • 初代とは別の金色の体を持つ個体で、彗星ツイフォンの接近で地球上の水爆が爆発する可能性がある騒動の中、以前オホーツク海に投棄された6個の水爆を飲み込んだままギガスやドラコと日本アルプスの山中で激突する。 ...