爆発する危険

22 の用例 (0.00 秒)
  • 逆に加えたり、一度に多くの量を加えたりすると爆発する危険がある。
  • 目的地に到着する前に、振動しんどうで位置がずれて爆発する危険が高いからだ。 山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(上)』より引用
  • このホスフィンは空気と混合することで爆発する危険性がある。
  • 高温下に放置すると爆発する危険性があるほか、強い衝撃によっても爆発する危険性がある。
  • アルカリ金属との混合物は、衝撃により爆発する危険性がある。
  • 再蒸留時に爆発する危険があるので蓄積した過酸化物の存在を事前に確認する必要がある。
  • とするとそれが地上に落ちて爆発する危険は随分と大きく、我々の防空はむしろこの高射砲弾を避けるようにせねばならぬという。 伊藤整『太平洋戦争日記(三)』より引用
  • また、感応装置が機能停止した後も、鋭敏なトーペックス炸薬はわずかな衝撃で爆発する危険が残った。
  • 密封されたコンテナの中では、二クロム酸アンモニウムは加熱により爆発する危険性がある。
  • 敵潜水艦近くの海域まで到達すると、着水時の衝撃で弾頭が爆発する危険を防ぐため、落下傘を開くことで減速する。
  • さらに大爆発する危険がある水を作る機械を、ゼウ大将軍に騙されたシバ将軍の戦車隊に攻撃され、機械の爆発によってシバの部隊もろとも全滅した。
  • 特に塩素酸カリウムは他の酸性薬品と混合すると不安定になり、僅かな衝撃でも爆発する危険性が高まる性質を有しており、和火時代の酸化剤として使用していた硝石と同様に扱った場合重大な事故を招く結果となった。
  • 迫撃砲の信管の安全解除は単純な安全ピン方式が最も多く使用されてきたが、発着式信管は安全ピンを外してしまうと落としただけでも爆発する危険があり、火薬の不完全燃焼などの事故で手前に落下しても爆発するので安全性に問題があった。
  • また、リチウムイオン二次電池は原料であるリチウムの特性上、製造・使用環境に問題があると燃焼・爆発する危険性もある。
  • 火災などで弾薬庫の温度が上昇すると危険なのはDDT現象を起こして爆薬が起爆するだけでなく、殉爆感度が高くなって僅かな衝撃で弾薬が連鎖的に爆発する危険が高くなるためである。
  • 固体燃料ロケットで100, 液体燃料ロケットで10から20であるのに対して、ハイブリッドロケットでは多くの場合0とされるが、爆発する危険が全くないわけではない。
  • 反面、魚雷は艦船にとって防御上の弱点にもなりうる、魚雷兵装は甲板上に数百キロから数トンにもなる爆薬が無防備に置かれている状態であり、特に装甲防御を持たない駆逐艦では機銃や砲弾破片程度でも魚雷の弾頭が爆発する危険があり、第二次世界大戦では搭載魚雷の爆発による轟沈艦が多数出ている。
  • フォン・カルマンは、彼らのためにCITのキャンパス内に実験スペースを確保したが、ロケット・モーターが燃焼する時の騒音と、爆発する危険性があることからキャンパス内での実験を禁止され、彼らは実験地を再び遠方のアロヨ・セコに戻すことを余儀なくされた。
  • 旋盤加工時等のマグネシウム合金の切屑は引火すると高温で燃え、燃焼時に水をかけると爆発する危険性があるために、一般的な消火器では消火できない。
  • しかし、1MPa以上の高圧ガスを使用しているため、高圧ガス製造保安責任者が必須であり、高圧ボンベが破裂した場合は爆弾のように爆発する危険があるため、あくまでコンセプトカーの域を出ない。
  • 次へ »