熱電対

全て 名詞
100 の例文 (0.00 秒)
  • 熱電対全体のゼーベック係数が対象とする物質のそれとなる。 ...
  • 不完全燃焼などの場合に抑止側に働く熱電対の感知が阻害されるためとみられている。 ...
  • 校正は熱電対と用いて行うのが一般的である。 ...
  • 卑金属熱電対はタイプにより特性はさまざまである。 ...
  • 温度の測定には、熱電対・抵抗温度計等が用いられる。 ...
  • 熱流に差があることから厚板の中に温度差が生まれ、示差熱電対によってこの温度差を測定する。 ...
  • 高温を記録している熱電対の近くの燃料チャンネル検査用のプラグが何らかのミスで取り外されていたと分かったのは、運転員達が赤熱した燃料を見た時だった。 ...
  • 熱線温度測定用の熱電対としては、温度変化を高感度に検出するために熱起電力の温度依存性の大きいものがよい。 ...
  • これは、電力出力を最大にするために複数の熱電対が直列に接続されている固体熱電素子と同様の概念である。 ...
  • 炎検出部である熱電対の特性上、余りに高温になる様な形式のバーナーには不適。 ...
  • このシステムは既存の熱電対ベースのシステムやASRGプロトタイプで使用されている提案されたスターリングエンジンのような他の発電システムに比べて理論的にわずかに利点がある。 ...
  • ゼーベック効果は熱電対やサーモパイル、熱電発電などに応用されている。 ...
  • 電熱線の温度を熱電対や測温抵抗体を利用して測定する。 ...
  • この起電力の大きさは、両端の金属の種類と温度差によって決まり、温度測定用の熱電対などに応用されている。 ...
  • 熱電対とSiCフィラメントの両方について、プローブ温度から想定されるガス温度によって校正を行うことが必要である。 ...
  • 燃料の放射性崩壊は熱を産み出し、それが熱電対を流れてヒートシンクに達し、この過程で電気が発生する。 ...
  • このように、パイロメーターでは物体と直接接触する必要がない点で、接触させる必要がある熱電対や測温抵抗体とは大きく異なる。 ...
  • 次へ