熱ゆらぎ

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 熱ゆらぎによるスピンの乱れが強く、自発的な配向が無い状態である。 ...
  • 温度が高くなると全ての熱ゆらぎは大きくなり、絶対零度に近づくと熱揺らぎは小さくなる。 ...
  • 熱ゆらぎは相転移と反応速度論において主要な役割を果たす。 ...
  • 熱ゆらぎを与えるランダム力は拡散と散逸の両方の原因である。 ...
  • 熱ゆらぎは系の温度の現れである。 ...
  • プロットの際はヒステリシス・ループのみが表示されることが普通で、熱ゆらぎの効果を考慮しない場合にはエネルギーの極大値については考えない。 ...
  • 熱ゆらぎは多くの系でノイズの原因である。 ...
  • 統計力学において熱ゆらぎとは、平衡にある系における平均状態からのランダムなずれのこと。 ...
  • 外部磁場がない場合、双極子どうしは互いに作用せず、熱ゆらぎのためそれぞれバラバラな方向を向いている。 ...
  • このように、統計集団中での熱ゆらぎは、量子的な粒子が運動する経路の不確定性と対応している。 ...
  • すなわち、系が大きければ熱ゆらぎは無視でき、圧力やエネルギーといった全ての状態量は温度や密度などの状態変数の関数になる。 ...
  • 現代の物理学では、ボルツマン脳は、量子ゆらぎ、または一般に核形成を伴う熱ゆらぎによって形成される。 ...
  • この幾何学モデルは平衡状態が二次元平面上の2点で表され、2点間の距離は熱ゆらぎと関連があるという考え方に基づいている。 ...
  • 近年、劉ら はエントロピーの高い、高圧小体積構造が安定相マトリックスの中に熱ゆらぎを通じて存在することに起因して負の熱膨張が生じることを示した。 ...
  • 統計力学では、温度 T の集団中にある調和振動子の状態は、熱ゆらぎによって最小エネルギー状態からずれた状態となっている。 ...