熱い吐息

103 の用例 (0.00 秒)
  • 女兵士の熱い吐息が吹きかかったとき、全身がビクリと総毛だった。 荒俣宏『帝都物語3』より引用
  • 篝は、すぐには女の肌に唇をあてず、耳の後ろに、熱い吐息を吐きかけた。 梶山季之『女の警察』より引用
  • そして、そのあとでもルリの熱い吐息が途切れ事はなかったのである。 九条公人『機動戦艦ナデシコ ルリとアキト熱愛編』より引用
  • 右側の金髪のグラマーが、火のような熱い吐息を吹きつけながら囁いた。 菊地秀行『トレジャー・ハンター04 エイリアン黙示録』より引用
  • しかし、彼には、その踊りの音楽も、熱い吐息も伝わってこない。 板東眞砂子『死国』より引用
  • その熱い吐息をあびながら、いつのまにか耕太の息も荒くなっていた。 西野かつみ『かのこん 第01巻』より引用
  • ジャムが脈打ちながら、その熱い吐息を、優子の中へと送り込んで来た。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 恐竜の足音は早くも背後に迫り、生臭なまぐさい熱い吐息がむっと吹きつけてきた。 光瀬龍『復讐の道標』より引用
  • アスナは瞳をうるませ、歓びの表情で熱い吐息を洩らしながら何度も頷いた。 九里史生『SAO Web 01』より引用
  • ドアの陰で、ぼくを見つめて熱い吐息を吐くはずだったのに、ぼくに一瞥いちべつさえくれないのだ。 東海林さだお『ショージ君のぐうたら旅行』より引用
  • クレアの眼が閉じられ、熱い吐息がぽってりとした唇を割った。 菊地秀行『トレジャー・ハンター02 エイリアン魔獣境 I』より引用
  • わたしの心を眩暈めまひさせ、 熱い吐息を 投げぬ間もない。 与謝野晶子『晶子詩篇全集拾遺』より引用
  • 二人の熱い吐息に合わせて、ばれないように息をつく。 仁木英之『薄妃の恋 僕僕先生』より引用
  • ゆきの奴、子供の首すじに熱い吐息を吹きかけやがったのだ。 菊地秀行『トレジャー・ハンター14 エイリアン魔神国 完結篇2』より引用
  • 乙女さんの熱い吐息にあわせるようなテンポで 膣内を貫いてあげる。 きゃんでぃそふと『つよきすACT B』より引用
  • 日が灼いている閑散とした路に、熱い吐息を落として、鶴吉はいま来た路を引返そうとした。 藤沢周平『又蔵の火』より引用
  • はあ、と熱い吐息がもれる度に胸が上下し、白い首筋が露になる。 奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel NormalEnd 櫻の夢』より引用
  • 熱い吐息と唇が肩の線に触れた。 菊地秀行『トレジャー・ハンター06 エイリアン魔界航路』より引用
  • 寧温のあごをあげて気道を確保した雅博は、熱い吐息を送り続けた。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 悩ましくもあつ吐息といきが、むんむんとねちっこく二人ふたりの肌を汗にらす。 竹宮ゆゆこ『とらドラ・スピンオフ! 第01巻 幸福の桜色トルネード』より引用
  • 次へ »

熱い吐息 の使われ方