熱い

全て 形容詞
10,421 の用例 (0.01 秒)
  • 身を切る様な冷たい風が大きな階段の口から彼の熱した顔を吹きつけた。 平出修『逆徒』より引用
  • 水を出たばかりで汗は出なかったが、顔にあたる空気はいやに熱かった。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 見ているものは熱い呼吸を感じ心臓の鼓動を聞くことができるのである。 寺田寅彦『生ける人形』より引用
  • 彼は青年の自分に対する熱い厚意と同情に感じないではゐられなかつた。 長与善郎『青銅の基督』より引用
  • このことからもわかるように、八代は中脇優子に熱い関心を寄せていた。 森村誠一『自選恐怖小説集 人間溶解』より引用
  • 両側の壁が容易に確認できたため、もうてのひら摩擦まさつで熱くする必要はない。 喬林知『今日からマ王 第15巻 「宝はマのつく土の中!」』より引用
  • それはしづかしたあかるいあき日差ひざしなかなみだあつくなるやうな努力どりよくえた。 南部修太郎『画家とセリセリス』より引用
  • しかし涙は流れて出ないで、目の中が火のように熱くなったばかりだった。 有島武郎『或る女』より引用
  • しかし涙は流れて出ないで、眼の中が火のように熱くなったばかりだった。 有島武郎『或る女』より引用
  • 俊一は、急に熱した鉛のようなものが胸につき上げてくるのを意識した。 吉村昭『羆』より引用
  • Oは自分の舌に触れられて、彼女の身体が熱く硬くなるのを感じていた。 レアージュ/澁澤龍彦訳『O嬢の物語』より引用
  • 父親は無学な娘の手紙を読んで、その上に熱い涙を落しましたとのこと。 島崎藤村『藁草履』より引用
  • そう考えると私の胸は、なんだかとても久しぶりに熱くなってきました。 富田倫生『本の未来』より引用
  • 戦いの後、ずっと体が熱かったのは神経が焼き切れていたからだもの。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • それでも飲むとすぐ体が熱くなり、そのまま気怠けだるくなって眠りに落ちる。 渡辺淳一『メトレス 愛人』より引用
  • だから、警部がかあっと身の内を熱くしたのは、そのことではなかった。 海野十三『地獄の使者』より引用
  • 熱した彼を、まるで氷とかえるような異様な眼光をした男たちであった。 山田風太郎『忍法帖5 くノ一忍法帖』より引用
  • その手や足や髪や顔などが、熱した湯気の中から浮んだり沈んだりする。 福永武彦『夢みる少年の昼と夜』より引用
  • 前代の大隅に熱くなって通っていた浅草のある寺院の住職がありました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 熱い光った波が体を貫いて桃子はそのまま攫われてゆきそうな気がした。 宮本百合子『夜の若葉』より引用
  • 次へ »