熟寝

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • というより、殺して飲むのが身についてしまっていて、なかなかウマイ酒にならない。 ...
  • どういう顔がウマイのか私にはよく分からないが、やはりひんのいい顔のほうが味がよいという説がある。 ...
  • これがなかなかウマイので、たいていの人が二杯か三杯お代りをする。 ...
  • 食欲をウマイ、マズイの味覚からだけで観察するのはひどい過ちである。 ...
  • 体がそのままウマイと思うわけで、料理評論家の必要がないのだ。 ...
  • 劇場だのウマイ物屋が並んでいて、浅草と同じようなところである。 ...
  • そして、料理の手間をかけなければ、かけないほど、ウマイだろう。 ...
  • 当塾の雰囲気とは、ちょっとちがうかもしれないが、ウマイものはウマイ。 ...
  • 子供を欺してミルクを買うなんて、己はなかなかウマイもんだ。 ...
  • もう一度やらしてもらえば、もっとウマイことできるんだがなァ、と思う。 ...
  • む、七面鳥なんてプチセレブなもんは初めて食ったがなかなかウマイな。
  • 日本同様監獄の前に差入物屋があって、銭さえ出せばどんなウマイものでも、酒でも煙草でも買う事が出来ます。 ...
  • その抜けようは見事の一言で、この世のいかなる工具を用いてもこれほどキレーに穴を開けることは不可能なのではないかと思われるほど、底だけがウマイこと失われていた。 ...
  • 年寄りたちをヨイショしてウマイ汁を吸っていた連中の末路ですな。 ...
  • けど、『ウマイもの』と言われたからには要望に応じてやるのも作り手の当然の責務。
  • じゃあオマエはウマイのか、というと、これはもう、まかしておいていただきたい。 ...
  • こんなウマイ手があるのである。 ...