熟シ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 彼は和歌子の手紙をポケットからとり出して熟視せずにいられなかった。 ...
  • 気がついて熟視しようと眼をすえつけたときにはもう消えているのである。 ...
  • 「君の兄弟は幾人いくたりあるのかね」と丑松は省吾の顔を熟視まもりながら尋ねた。 ...
  • しばらく丑松は茫然ぼんやりとして、穴の開くほど奥様の顔を熟視みまもったのである。 ...
  • そこで外面そとからす夕暮に近い明りを受けて始めて先生の顔を熟視した。 ...
  • 何か見なれた花のやうで熟視すると、ああ、これは忘れなぐさであつた。 ...
  • 先生は黙って児童とともにその事実を熟視すればそれで充分ではないかと思うのである。 ...
  • 青豆のそんな思いを読みとったかのように、男は彼女を熟視するのをやめた。 ...
  • しばらく丑松は茫然ぼんやりとして、穴の開くほど奥様の顔を熟視みまもつたのである。 ...
  • このようなことを熟視しているうちに、|霊 視 クレアヴオイヤンスでそれがわかる人が出てくる。 ...
  • わたくしは題簽を熟視してゐるうちに、ふと紙下に墨影あるに心附いた。 ...
  • 熟視してわざとならぬ光沢の目に入るものはあっても、色としては極めて貧しい。 ...
  • すなわち画を示すを翁熟視してこの画よく出来たが臥猪でなくて病猪だという。 ...
  • 為に、彼方かなたへ遠ざかる舟の影すら、涙にかすんで熟視していられなかった。 ...
  • 百対の眼がまっすぐにディルロの心を熟視しているのだ。 ...
  • しかしこの学生は人が人生の流れを熟視し、それを判断出来る位置には未だ達していなかった。 ...
  • 自分自身が今そこでさいなまれつつある不幸な現実の世界を熟視しながら太田は思うのであった。 ...