煮詰

全て 動詞
11 の例文 (0.00 秒)
  • 閉店の時刻が近付くにつれて、酒場の中で流れてゆく時間は煮詰ってくる。 ...
  • 五合の水が二合位に煮詰った時裏漉うらごしにしてまた布で漉します。 ...
  • 客一人帰ったあとの座敷の中は、シャンデリアを包んで煮詰った物の匂いと煙草の煙りとが濛々もうもうとしている。 ...
  • やよの立場の苦しさはいよいよ煮詰って来ている。 ...
  • 相互撤兵の条件は、下部の交渉で、すでに煮詰っていて、こうして二人で会うのは、儀式的な仕上げにすぎない。 ...
  • ホンザーとは一斤の砂糖へ水を大匙に五杯入れて四十分間弱い火で煎詰につめたものですがその煮詰加減が大層むずかしいので、指の間へ挟んでみて指を開くと飴のようにすじを引いて色が白くなる処がちょうどいい工合ぐあいなのです。 ...
  • 俗に「飲む、打つ、買う」というが、「飲む」の煮詰った形が、そこに見られた。 ...
  • もう味噌汁おみおつけも煮詰って了ったのです。 ...
  • 廃糖蜜ではなくサトウキビの搾り汁を煮詰た固形の黒糖と米麹を使用して作る黒糖焼酎もあるが、例外的である。 ...
  • 酒屋の店先が一ぱい飲み屋に近づくのは無用のことなので、せっかくの煮詰った感じがいくぶんブヨブヨ膨らんでいるが、立寄る客の側は昔ながらの気分をある程度守っているようだ。 ...