煮る

全て 動詞
900 の用例 (0.01 秒)
  • 西洋料理は一度念を入れて煮ておくと翌日は冷肉でそのままたべられます。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • どんな煮方をするにしろ、煮豆には次のような共通したコツがあります。 平野雅章『熱いが御馳走 食物ことわざ事典II』より引用
  • 先ず一合のお米を五合余の牛乳で気長に二時間余も煮ると柔くなります。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • その肉を水とともに鍋へ入れて塩を少し加えて弱い火で一時間以上湯煮ゆでます。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • で大抵肉は油と塩とで煮るのですがあるいは水と塩とで煮るのもある。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • 生きのいいのを煮るので、身がしまっていて、とてもおいしいものです。 平野雅章『たべもの歳時記』より引用
  • 意地の悪いことをしやがったら、生きてるまま煮たててやるんだがね。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • ところが自分は夜の十二時になると、風呂場へ黒猫を持ち込んで煮る。 神西清『チェーホフ試論』より引用
  • 煮しめの材料が切れたので、鵜ノ瀬はいつもの場所へ仕入れに出かけた。 杉本苑子『続今昔物語ふぁんたじあ』より引用
  • その米を私に五合ばかりくれたからそれをみな煮て外の人と分けて喰いました。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • 主に食料を煮るため、あるいは貯蔵するために用いられたと考えられる。
  • 魚の時はそのソースへ湯煮玉子ゆでたまご輪切わぎりを混ぜるとなお味が良くなります。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • 最初はいつも煮こぼしたりしないよう注意しよ、と思ってるんだけどさー。 深沢美潮『フォーチュン・クエスト 第5巻 大魔術教団の謎(上)』より引用
  • この方は直ぐ煮る代りに前のよりも時間を長くしなければなりません。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • 一合へ四合の水を加えてお米の通りに煮て塩を加えてして重湯に取ります。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • それを煮て食った者もあったが、その味は普通の鳥と変ったこともなかった。 岡本綺堂『中国怪奇小説集』より引用
  • お光は、来るたびに獣肉屋ももんじやから買ってきた猪肉などを庭さきで煮てくれた。 司馬遼太郎『燃えよ剣 02 (下)』より引用
  • 子供の時から貞盛のためにはいくど煮湯をまされる思いをしたか知れないのだ。 海音寺潮五郎『平将門 中巻』より引用
  • 滅多に薯の塩煮を食べたことがないのか、その子は驚いた声を上げた。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • こと半煮なまにえの物を食べるのとあたらしい肉を料理するのが一番悪うございます。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • 次へ »