煩い

全て 形容詞 名詞 動詞
399 の例文 (0.00 秒)
  • その旅館の裏門口ではやはり今晩のように巡航船の汽笛の音がうるさく聞えた。 ...
  • 事実、母と幾との親しさを見て、町の人々もうるさく噂はしなくなつたのである。 ...
  • 私はいかなる信条をも奉じないということを何の煩いもなしに言い得る社会をむしろ喜びとするものである。 ...
  • 敏夫が煩いことを言わず、こちらの事情を察してくれたようなのが嬉しかった。 ...
  • すべて温いものの煩しさには悪魔さへ辟易するだらう、と草吉は自分に言つた。 ...
  • 南はうるさくその理由わけを聞くこともできなかった。 ...
  • そのうるさいほどの蛙の合唱の中、玲と一成は川沿いの道を歩いていた。 ...
  • 砂利へ寝かされるような蒲団ふとんに倒れて、乳房の下に骨が見える煩い方。 ...
  • それで鈴をつけたらうるさくて仕方ないから、つけてないんだと思います。 ...
  • その道路を使うと遠まわりになるのだったが、信号に引っかかるのが煩い気分になっていた。 ...
  • けれど母親と離れて暮らすようになってから日が経つにつれ、そんな煩しさにも慣れてきた。 ...
  • それが、あのなんの煩いもない少年時代というもんだろうな。 ...
  • 昭和三十年頃、うるさい記者をラジオ・テレビ局に左遷するという傾向があった。 ...
  • わたくしには、わたくしが女であるための煩いが多い。 ...
  • 僕はうるさいのは嫌いなので、外に出ることにした。 ...
  • 次兄が馬の世話をする役であつたが、房一はその傍にうるさくつきまとつて離れなかつた。 ...
  • 何か書状が来ている時はすぐにそれを読み下して、大抵は煩いと云ったように首を振った。
  • そして、わずかなわずらいのあと、元禄げんろく十五年一月十一日に、死んでしまった。 ...
  • 音楽がうるさかったわけではなくて、彼のしゃべり方の問題だ。 ...
  • 次へ