煩いこと

9 の用例 (0.00 秒)
  • 敏夫が煩いことを言わず、こちらの事情を察してくれたようなのが嬉しかった。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • 小さな会社なのでうるさいことは云わなかったのだ。 松本清張『陸行水行 別冊黒い画集2』より引用
  • だいたい世間のやつら、動機だとか証拠だとかうるさいことを言いやがるが、今どき気のきいた犯人は現場に証拠なんか残しちゃいかんのさ。 樋口有介『風の日にララバイ』より引用
  • 女を相手にばからしいと思うが、煩いことである。 伊藤整『太平洋戦争日記(三)』より引用
  • 博士は講師のころに来て、建築史や美術史の本を片手に雲肘木くもひじきがどうの、人字型の蟇股かえるまたがどうの、卍型まんじがた勾欄こうらん組子くみこがどうのと子細に勉強したものだが、今はそんなうるさいことも頭からはなれ去って、無心に眺められた。 松本清張『黒の様式』より引用
  • 大東亜戦以前にこういう条件を結んだら、国民はさぞ煩いことであったろうが、南方諸国家独立慶祝気分の今では、かえって目出度いことに思われる。 伊藤整『太平洋戦争日記(二)』より引用
  • 銘柄めいがらについてはうるさいことは言わない。 藤田宜永『野望のラビリンス』より引用
  • ヒルシュフェルトは、性のありように関して煩いことを言い立てる専門家として、報道機関によって引用され、また同時にカリカチュライズされ、「性のアインシュタイン」の別称あるいは蔑称で呼ばれた。
  • うるさいことこの上なかった。 有沢まみず『いぬかみっ!05』より引用