煩い

全て 形容詞 名詞 動詞
399 の例文 (0.00 秒)
  • いま居る山田技師長はいい人だが、小さい男の子が二人もいてうるさいのだ。 ...
  • あまり多くてもわずらわしいだけだから、やっぱり十戒くらいが適当じゃない? ...
  • しばらくすると喉が熱くなり、波の音がうるさくなったので黙るのをやめた。
  • まことにありがたいが、途中調べられるようなことがあると煩いと思う。 ...
  • まさかお父さんがあのような煩いを軽く見くびっている訳でもあるまいし。 ...
  • それでなくても私の健康のことを皆が煩く言っているのだから。 ...
  • 母親は驚いたが、彼に煩くいろいろなことを尋ねようとはしなかった。 ...
  • なぜなら、そうすればお前は多くの煩いと多くの苦労をまぬがれるからな。
  • 金花は暗れ晴れと顔を輝かせて、その後一度も煩いがないことを告げた。 ...
  • うるさいし危ないので、ほかの隊から離れた場所に設営されているのだろう。 ...
  • 煩い余りに、ぼんやり聞くともなく聞いていると、階下したで低い話声がする。 ...
  • 「失礼ながら眼を御煩おわずらいになったのはよほど以前の事なんですか」と聞いた。
  • しかし母屋おもやではその間に、当主の妻が煩い出した、病名は夫と同じだった。 ...
  • 煩いから、汚いから等という理由で嫌いなのは単なる子供嫌いであると思われる。 ...
  • 入って来ても、周囲が煩いから、かえって不幸になるというようなことも言ったわ。 ...
  • いかに、葉や枝先にのみ、わずらいを繁茂させている人間の多いことか。 ...
  • ザグレダ・ソル帝国も他国と同様、その国のわずらいをも多く抱えております。 ...
  • 次へ