煆焼

全て 名詞
17 の例文 (0.00 秒)
  • この温度は、特定の煆焼反応の標準ギブス自由エネルギーがゼロになる温度と定義できる。 ...
  • 例えば石灰石の煆焼は熱分解プロセスの一種だが、その化学反応は次の通りである。 ...
  • 炭酸鉱は木炭で溶錬されるが、事前に煆焼が必要な場合もある。 ...
  • 煆焼とは異なる概念である。 ...
  • 金属分が多いグリーンコークスは煆焼せず、燃料グレードコークスとして工業炉の燃料に使われる。 ...
  • 次にシュウ酸アメリシウムを白金ボートに加えて煆焼する。 ...
  • さらに「哲学的」煆焼と呼ばれるものがあり、動物の角や蹄などを熱湯その他の液体を熱した鍋の上に吊るし、粘液が完全に抜けきるまでにして、粉末にしやすくすることを指した。 ...
  • このプロセスは煆焼と呼ばれる。 ...
  • 煆焼石油コークスは石油コークスを煆焼したものである。 ...
  • 沈殿した炭酸マンガンを煆焼すると、マンガン酸化物MnO x が得られる。 ...
  • この触媒は、硝酸ガリウムの水溶液に酸化アルミニウムを反応させ、393 Kで蒸発乾固させた後に空気中で823 Kで4時間煆焼させることによって合成される。
  • 石油コークスには、一般に石油コークスと称されるディレード・コークスと、コーキング装置から採取されたそのままの生コークス、さらに生コークスをもう一度焼いて揮発分を除去した煆焼コークスとがある。 ...
  • ニオブの除去後、精製された の溶液はアンモニア水溶液によって中和され、酸化タンタルの水和物が固体として得られ、これを煆焼して五酸化タンタル を得る。 ...
  • 煆焼とは、鉱石などの固体を加熱して熱分解や相転移を起こしたり、揮発成分を除去したりする熱処理プロセスである。 ...
  • 煆焼宙にアンチモンを含む二酸化スズ触媒のすべてのSbイオンが+5酸化状態に変わる。 ...
  • グリーンコークスをロータリーキルンで煆焼し、わずかに残った炭化水素を除去した後、所望の形状・物性になるよう焼き固めて陽極グレードの石油コークスを得る。 ...