焼結体

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • ダイヤモンドが使用できない分野では、代わりに立方晶窒化ホウ素の焼結体を用いる。 ...
  • 焼結の過程において物体は完全な液体にはならないため、焼結体の形状は加熱前の形状がおおむね維持される。 ...
  • この相転移は体積変化を伴うため、焼結体は昇降温を繰り返すことによって破壊に至る。
  • あまり強くない洗浄剤では洗浄できない場合でも、ピラニア溶液を用いればあまり細孔に損傷を与えることなく焼結体を清浄な状態にすることができる。 ...
  • なお、一般的に純金属や合金の単体では「焼結体」とならないためセラミックスとは呼ばれない。 ...
  • 焼結ガラス器具の細孔のサイズはその機能性に直結しており、塩基性の洗浄剤は焼結体を徐々に溶解させてしまうため用いることができない。 ...
  • また、前述のバイトは超硬合金を基板にダイヤモンドをコバルトなどと共に焼結することによって得られるダイヤモンド焼結体を指すこともある。 ...
  • 特に、高強度を有するジルコニアセラミックスでは、多くの場合、その高強度ゆえに完全焼結後の切削加工が困難であり、半焼結体の状態で加工が施される。 ...
  • カーボナードを模して、ダイヤモンドの微小結晶を焼結させた人工素材ダイヤモンド焼結体があり、安価で品質が一定しているので工業用に広く使われている。 ...
  • 共有結合性セラミックスであるために、焼結性が悪いことから、常圧焼結で緻密な焼結体の製造が困難である。 ...
  • 純粋なジルコニアは、正方晶から単斜晶への冷却過程でマルテンサイト変態を起こし、体積が膨張するため焼結体は亀裂を生じ、破砕するが、安定化剤としてイットリウムなどを配合し、焼結条件などを調整することで、室温において正方晶を維持できることが知られている。 ...
  • サムネイル|230px|焼結技術を用いた多孔質金属の一例 焼結は、固体粉末の集合体を融点よりも低い温度で加熱すると、粉末が固まって焼結体と呼ばれる緻密な物体になる現象。 ...
  • c-BNの粒および焼結体は、おもに、鉄と鋼用の、研磨材および切削工具などに使われる。 ...
  • 刃先の材質としては、高速度鋼・超硬合金・サーメット・セラミックス・cBN焼結体・ダイヤモンド焼結体がある。 ...
  • thumb|250px|炭化ケイ素粉末の焼結体と酸化亜鉛粉末の焼結体の非直線性比較。 ...