焼く香ばしい

7 の用例 (0.00 秒)
  • イカを焼く香ばしいにおいが流れてきて、まもなく食事が運ばれてきた。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)上』より引用
  • 店の奥にある調理場からピザを焼く香ばしい匂いが漂ってきた。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • 大広間のあちこちに、肉を焼く香ばしい匂いが立ちのぼっている。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿07 霧の訪問者』より引用
  • くたびれた玄関の戸をあけて、案内を乞うと、夕餉の支度なのか、奥の方から、油揚を焼く香ばしい匂いが、彼の鼻につーんと漂ってきた。 梶山季之『朝は死んでいた』より引用
  • 今、路地には魚を焼く香ばしい匂いが漂っている。 矢作俊彦『リンゴォ・キッドの休日』より引用
  • バムをこうばしい匂いが、うすいけむりとともにただよってきた。 上橋菜穂子『守り人シリーズ11 短編集 流れ行く者』より引用
  • キッチンからは、トーストを焼く香ばしいにおいが漂ってくる。 藤堂志津子『ジョーカー』より引用