然らば則

17 の例文 (0.00 秒)
  • 既に醜美の判断を得たり、然らばすなわち何ぞその醜を去って美にかざるや。 ...
  • 然らば則ち何を顧みて自ら卑うし自ら小にせんやである。 ...
  • 然らば則ち期せず招かざるの夢といふものは、其人の心の方面より生ぜざることは明らかである。 ...
  • 然らば則ち吾れの海に航せしことヽヽヽヽヽヽヽむを得んや。 ...
  • 然らば則ち女大学の夫に仕え云々の文は、内務大臣をして外務大臣に仕えしめんとするものに異ならず。 ...
  • しからばすなわち燕王の兵を起ししよりついくらいくに至るの事、タメルランこれを知る久し。 ...
  • 然らば則ち彼の備後に行きしや固より其の好む所に非ざりし也。
  • 然らば則ち之が矯正策は如何にすべき、唯だ法律を嚴守して、賞罰の大權を振ふに在るのみ、此運用法を刑名法術といふ。 ...
  • しからばすなわち万一の変あるも控制こうせいやすしと、帝けいこたえたまわく、燕王は骨肉至親なり、何ぞこれに及ぶことあらんやと。 ...
  • 然らば則ち所謂三箇の目標とは何ぞや。 ...
  • 曰く、然らば則ち師愈れるかと。 ...
  • 然らば則ち公常人のしのぶ能はざる所を忍ぶ、其功亦多し。 ...
  • しからばすなわち帝丘福きゅうふくとがめて、而して福とその死を同じゅうする也。 ...
  • 然らば則能く泰西諸国の学士に愧るなき洋文を書し得るか、曰く我輩亦保証の二字を呈し難し。 ...
  • 然らば則ち汝は富まむ。 ...
  • 然らば則ち伱に問はん。 ...