焦る

全て 動詞
796 の用例 (0.01 秒)
  • 焦生は不思議な老人の言った機会とはどんなことだろうかと考えていた。 田中貢太郎『虎媛』より引用
  • 言葉のことをいわれた時は焦ったが、女のほうが勝手に納得してくれた。 千葉暁『アルス・マグナ3 大いなる秘法 碧眼の女神』より引用
  • 焦々といやな気持になってそれをきいていたのは自分ひとりでなかった。 宮本百合子『刻々』より引用
  • そんなことでひとり焦っていると、彼女の方が先に話題を振ってくれた。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編』より引用
  • それ以上話し合っていると相手の分らなさに焦立いらだってくるばかりである。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 自分を見た少年たちの表情に警戒の色が浮かぶのを見て、王弁は焦った。 仁木英之『薄妃の恋 僕僕先生』より引用
  • 焦電体板表面には光の吸収と電気的な接続のための電極が貼られている。
  • 動く様子のない二人にれて背後を見たその男は、表情ひょうじょうを引きつらせた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス02 サイレント・トーク』より引用
  • 自分の力作に十分な自信を持っていて、俺のように決して焦っていない。 菊池寛『無名作家の日記』より引用
  • 私の死体は多分、誰ともわからない真黒焦になって発見されるでしょう。 夢野久作『少女地獄』より引用
  • 私は早く夜が明けて、看護婦が入つて来るのをどんなに待ち焦れたらう。 加能作次郎『世の中へ』より引用
  • なんか、町全体が何かにひどく焦ってイライラしているような気がする。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • 気があせるスレインではあったが、それを認めないわけにはいかなかった。 水野良『ロードス島戦記 4 火竜山の魔竜(下)』より引用
  • 僕が明乃と「ご主人様と奴隷」であることを焦った理由は何なのだろう。 サタミシュウ『ご主人様と呼ばせてください』より引用
  • 過去の選択を悔いることも、今ここに立っていることを焦ることもない。 富田倫生『パソコン創世記』より引用
  • 日に焦けかかつた彼の顏の色は赤いとも黒いともつかないものだつた。 堀辰雄『顔』より引用
  • 彼は右手を上下に振っていた、ちょうど父がれているときやったように。 マンスフィールド/江上照彦訳『園遊会』より引用
  • なのに焦ってしまい、まだ言うべき段階ではないことを言ってしまった。 梅原克文『カムナビ(下)』より引用
  • 私が熱に浮かされたように夜を待ちこがれていたことは言うに及ぶまい! ヴェルヌ/大久保和郎訳『悪魔の発明』より引用
  • 真鶴さんを呼びに行ったらもう正殿に行ったって言うから焦っちゃった。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 次へ »