焦げ臭い煙

7 の用例 (0.00 秒)
  • 難しいことを考えていると耳からくさけむりが出てきそうになるぜ。 谷川流『涼宮ハルヒの動揺』より引用
  • 真昼の松明は、焦げ臭い煙を立ち上らせて、パチパチと音をたてていた。 宮部みゆき『ICO 霧の城』より引用
  • 香ばしいというよりも、焦げ臭い煙がもうもうと立ち上っている。 今野緒雪『スリピッシュ! 02 ―盤外の遊戯―』より引用
  • 炊いても、ご飯から焦げ臭い煙が出ましたよ。 真尾悦子『いくさ世を生きて ―沖縄戦の女たち』より引用
  • 今更フランス寺の仕事から頑として手を引かぬ父親をなじっても取り返しはつかぬというやるせない憤怒ふんぬが焦げ臭い煙を発して卯八の脳裡のうりを逆巻く。 井上光晴『丸山蘭水楼の遊女たち』より引用
  • くさけむりを、さあっと夜風が吹き散らす。 秋田禎信『魔術士オーフェンはぐれ旅 第01巻 「我が呼び声に応えよ獣」』より引用
  • 過負荷でくさい煙を上げる思考を持て余しながら、ハルユキは重い足取りで自宅マンションのエントランスをくぐった。 川原礫『アクセル・ワールド 01 -黒雪姫の帰還-』より引用