焦げ臭いにおい

13 の用例 (0.00 秒)
  • そのにおいの中に、焦げ臭いにおいがあったかもしれない。 森村誠一『魔少年』より引用
  • その時に妙な焦げ臭いにおいがする。 寺田寅彦『自由画稿』より引用
  • 昨夜ゆうべのは焼け通って焦げ臭いにおいがした。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • アパートを出ると焦げ臭いにおいがする。 牧野修『屍の王』より引用
  • 面をかぶるとこの焦げ臭いにおいがいっそうひどい、そうして自分のはき出す呼気で面の内側が湿って来ると魚膠うおにかわのにおいやら浅草紙のにおいやらといっしょになって実に胸の悪い臭気をかもし出すのであった。 寺田寅彦『自由画稿』より引用
  • きゃつは先刻さつき、この室に入ると間もなく、吾輩がこの大暖炉の中で焼き棄てた著述の原稿の、焦げ臭いにおいを嗅ぎ付けたに違いないのだ。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • 焦げ臭いにおいの立ち込める廃墟の中で、母子が何をするでもなく、ぼうっと曇り空を見つめている。 山口芳宏『雲上都市の大冒険』より引用
  • 風には焦げ臭いにおいが混じっている。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • 彼奴きゃつ先刻さっき、この室に這入ると間もなく、吾輩がこの大暖炉の中で焼き棄てた著述の原稿の、げ臭いにおいを嗅ぎ付けたに違いないのだ。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • 焦げ臭いにおいも漂っていた。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • 焦げ臭いにおいがした。 森村誠一『魔少年』より引用
  • 焦げ臭いにおいも漂っている。 松岡圭祐『千里眼 堕天使のメモリー』より引用
  • 焦げ臭いにおい。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用