無線回線

32 の用例 (0.00 秒)
  • いわゆる外地との連絡も無線回線が重要な役割を果たしていたし 、 国内の固定無線網も存在した。
  • つまり将軍は二時間にわたって低速の無線回線しか使えなかった。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • 開きっぱなしにしておいた無線回線に、ヴァルターの声が入った。 水無神知宏『鋼鉄の虹 装甲戦闘猟兵の哀歌』より引用
  • 本施設の通信鉄塔には固定マイクロ波無線回線用のパラボラアンテナが設置されている。
  • この小山はパラグアイの国防軍の重要な場所であり、通信するための軍の中継器または無線回線を置くための戦略的な場所である。
  • 宿舎と、国境に沿った難民収容所の百二十キロの間に、無線回線を設営に来た中年の技師だ。 南木佳士『ダイヤモンドダスト』より引用
  • 戦況次第で追手の数も決まるとわかっているテテスは、状況を探るべく無線回線を開いた。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • ラジオの中継車は、以前は専用の無線回線、インタビューやリポートにはラジオカー、高い音質が要求される番組内コーナーにはFMカーが利用されることが多かったが、外部からのリポート程度のものであれば携帯電話の回線を使うことが増え、それ以上の特殊な設備を持つ中継車の出番は減少した。
  • バンド幅の拡大が大きくなると、音声信号を前提とした通常の電話回線/無線回線を利用した場合に音声の一部が伝送できずに音質が悪化する。
  • 演奏所から送信所への信号伝送は電気通信事業者が敷設する専用有線回線、放送会社が自社所有する無線回線などで行われる。
  • 回線には、固定電話回線では一般の電話網・ISDN網、無線回線では携帯電話、PHSなどが使われる。
  • 同一のパケットを異種の無線回線で送り先に着いたものを利用する形や、パケットを異種の無線回線に分散して送るものなどさまざまな形態が考えられている。
  • 暗号化に必要な大量の乱数は、何らかの暗号化処理を行った後に音声とは別の無線回線で同時に送る方式を考えていたが、後に短い周期の乱数を複数組み合わせて長い周期の擬似乱数を内部で生成する方式に改められた。
  • 怒号と悲鳴が入り乱れる無線回線に、ディアナが吹き込んだのはそのひと言だった。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • スマートフォンの普及とともに、従来に比べ、テザリングを始めとした大容量の通信が行われる事は増えており、携帯電話会社では無線回線やバックボーンなどへの負荷が増大し各種の通信トラブルの遠因ともなっている。
  • NHKのラジオFMデジタル回線は光回線化されており、一部の中継局では自営無線回線・デジタルINS回線・アナログ専用線を使用している。
  • 一般の無線回線や電話回線では帯域幅が決まっており、単純に周波数のシフトのみを行うと音声成分の一部が帯域外にはみ出し失われるため音質が悪化する。
  • 補助椅子の手すりをぎゅっと握りしめ、目玉が飛び出しそうな激しい機動に耐えたキエルは、と呼びかける声を無線回線の向こうに聞いた。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • STLは主に無線回線であり、 使用される電波の周波数、電波型式は放送の種別により様々である。
  • エアーエッジはパケット通信を行っており、データ通信中にエリア外になり物理的なPHS無線回線が切断されても、ダイヤルアップPPPは仮想的に接続状態が保持される。
  • 次へ »