無理矢理

全て 副詞 名詞
2,461 の用例 (0.01 秒)
  • 生徒会長によって無理矢理むりやりに武芸科に転科させられたことを言っている。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス01』より引用
  • 先生の口に、太い陰茎と細い陰茎を無理矢理挿している気になったのだ。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 好きで来たわけじゃないとか、無理矢理連れてこられたんですとか言っている。 野村美月『文学少女シリーズ13 “文学少女”と恋する挿話集3』より引用
  • あれだけ封印していた過去が、今こうして無理矢理こじ開けられている。 桐野夏生『OUT(上)』より引用
  • 彼女等は舟に乗り込むと同時に町人の着物に無理矢理着替えさせられた。 新田次郎『新田義貞(下)』より引用
  • 愛の宣言を無理矢理させたということには薄々気づいているらしい。 樹生かなめ『~ラベンダー書院物語~ その男、発情中につき』より引用
  • 私がおやすみと言いかけるのを無理矢理に連れこまれ同席を強いられた。 森瑤子『終りの美学』より引用
  • 二人の間に割り込んだり、無理矢理むりやり一緒に歩いたりするんじゃないか。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第11巻』より引用
  • 夢想を無理矢理実現させる事で、クレアはその悪夢を現実に出現させた。 成田良悟『baccano! 1931 特急編 The Grand Punk Railroad』より引用
  • 実際はあれが現実だという事など百も承知だったが、無理矢理そう思う事にした。 成田良悟『baccano! 1931 特急編 The Grand Punk Railroad』より引用
  • 要するに、この猫はこういう猫なのだと、無理矢理納得するしかない。 鈴木鈴『吸血鬼のおしごと 第1巻 The Style of Vampires』より引用
  • 自分の体が自分のものでないような感覚の中、無理矢理に立ち上がらされた。 貫井徳郎『天使の屍』より引用
  • 無理矢理越えようとしたら、すべてのグループから弾かれることになる。 橋本紡『彩乃ちゃんのお告げ』より引用
  • 何もないなら無理矢理することを探し始めるようなやつなのだ。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • あれは単に、無理矢理柔軟体操をさせられていたみたいなものだったのだ。 西尾維新『偽物語(下)』より引用
  • そのことへの悔しさや怒りが、一つの姿を無理矢理に心から押し出した。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第02巻』より引用
  • そしてそれはそのままこの国が無理矢理に文明化されていった運命と重なるのだ。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • 今にも死にそうな体を無理矢理に動かして、目の前の神裂かんざきにらみつける。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第01巻』より引用
  • フィリップはアルフの肩へ手をかけ、自分のほうを無理矢理に向かせた。 皆川ゆか『機動戦士ガンダム外伝 戦慄のブルー』より引用
  • 竜児が入っている布団の中にこたつ感覚、無理矢理足を突っ込んでくる。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第08巻』より引用
  • 次へ »