無理矢理引き

14 の用例 (0.00 秒)
  • 地面に張り付いた両足を無理矢理引きがすように、一歩前へ踏み込んだ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第01巻』より引用
  • 喰いこんだ宝刀を無理矢理引きはがしたとき、つばのあたりから刃こぼれが起きた。 荒俣宏『帝都物語6』より引用
  • ラグビーボールの端と端を掴んで無理矢理引き仲ばしたようなボディの側面や後方に大小の羽が取り付けられていたが、どう考えても航空力学の法則を無視している。 鎌池和馬『とある科学の超電磁砲』より引用
  • 無理矢理引きがせないこともないだろうが、そもそも、ペンキにまみれてもう使えないだろう。 西尾維新『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』より引用
  • さらにこれらのヘビの歯は、くわえた獲物を逃さないよう先端が内側に向かって曲がっている上に細いため、無理矢理引きはがすと皮膚に食い込んだまま折れてしまう危険がある。
  • 何故か俺はそこで思いっきり殴りつけられ、しかも至福の感触を楽しむ腕を無理矢理引き剥がされてから頭を机に押しつける様にして沙耶に向かって頭をさげさせられていた。 派虎衆『伝説の剣士のつくりかた』より引用
  • まず腹に刺さったやりを無理矢理引きぬく。 千葉暁『アルス・マグナ4 大いなる秘法 邪教の都』より引用
  • やがて竈の中からは何も聞こえなくなったので、私は、玄関で待たせているというお客様とやらに、取り敢えず会うことにしようと、ベランダから室内に戻り、布団を無理矢理引き剥がした所為せいで、ボロボロに腐敗して仕舞った畳の、その部分を避けるようにしながら部屋を出て、階段を下る。 西尾維新『ニンギョウがニンギョウ』より引用
  • やがて嵐が到来し、バーサーカーレイジに突入したウルヴァリンは、拷問中に十字架に釘で打ち付けられていた腕を無理矢理引きはがし、地面に倒れた。
  • 突然俺は殴りつけられ、至福の感触を楽しんでいた手を掴まれてその至福の感触を与えてくれるモノから無理矢理引き剥がされ、しかももう一発頭を殴られた。 派虎衆『伝説の剣士のつくりかた』より引用
  • 店番が終わり、『フジマツ縁日村』を出ようとしていた志摩子さんを無理矢理引きかえらせ、ヨーヨーを手に持たせて数枚の写真を撮った後、『リリアンかわら版』の編集長と写真部のエースは風のように『フジマツ縁日村』を去っていった。 今野緒雪『マリア様がみてる 18 特別でないただの一日』より引用
  • なお、一時凌ぎにすぎないが、突発的に虚化しても斬魄刀を突き刺したり、無理矢理引き剥がすなどしてこの仮面を壊せば、自然と虚化が解けるらしい。
  • 無理矢理引き剥がした。 西尾維新『化物語(上)』より引用
  • 無理矢理引きがす。 西尾維新『鬼物語』より引用