無理矢理口

9 の用例 (0.00 秒)
  • 「口に出して読んでみて」 何も言えなかった僕に、西原さんは無理矢理口を開かせた。 宮谷シュンジ『絶望の世界 2希望の世界』より引用
  • にわかに六畳間に響いた雄叫おたけびを、僕は無理矢理口をふさいで飲み込みます。 おかゆまさき『撲殺天使ドクロちゃん』より引用
  • 湯でのばしただけの麺を無理矢理口の中に押し込んでいく。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • 公園で姫子に無理矢理口付けたのを偶発的な出来事として片付けたつもりだったのに、もう、それに目をつぶる訳にはいかない。 山田詠美『姫君』より引用
  • と、無礼に軽くどつきながら、酒瓶を無理矢理口に当て、注ぎ込むのであった。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』より引用
  • 無理矢理口を割らせて、声を張り上げさせたい。 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 01 幸せの背景は不幸』より引用
  • 無理矢理口の中に押し込んだ。 宮谷シュンジ『絶望の世界 1光と影の世界 ~僕の日記・迷走編~』より引用
  • 制服に着替え、お母さんが作ってくれたベーコンエッグと、サラダ、トーストを無理矢理口に入れる。 野村美月『文学少女シリーズ07 “文学少女”と神に臨む作家 上』より引用
  • 無理矢理口に押し込んで。 宮谷シュンジ『絶望の世界 0絶望の世界 僕の日記』より引用