無理矢理に自分

12 の用例 (0.00 秒)
  • それから、この旅行に無理矢理に自分ら夫婦を追いやった母親が憎かった。 森瑤子『少し酔って』より引用
  • 無理矢理に自分を納得させた護堂は、ようやく返答を口にした。 丈月城『カンピオーネ!書き下ろし 囚われのカンピオーネ』より引用
  • ジュリアンは無理矢理に自分の気持を抑えねばならなかったが、それがあまり激しかったので、彼の声はひどく変わってしまった。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(上)』より引用
  • ぼくの心がわかってくださったら、ぼくがどれほど無理矢理に自分を抑えているかを理解していただけるでしょう。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(下)』より引用
  • とうとう暁の光が庭木の梢に白い線を引きはじめると、彼女は無理矢理に自分の心をおさえつけた。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • その昔、やはり子供時代に、将来マンガ家か小説家になるんだと、心に固く決意を抱いたではないか、たとえそれが子供のはかない夢でも、コマーシャルの文句ぐらいどうってことない、と無理矢理に自分を納得させる。 森瑤子『別れの予感』より引用
  • 女はそれを知ると、極度に狼狽ろうばいして、無理矢理に自分をかたわらの洋服箪笥たんすの中へ押しこんだ。 横溝正史『誘蛾燈』より引用
  • その死学を学び、優秀な成績を修めた者だけが一流校へ進み、エリートコースのパスポートをもらえるようになっている社会のシステムに無理矢理に自分をはめ込んで行くより、自分が築き上げた王国の中でひっそりと暮らしていることがなぜ悪いのか。 森村誠一『致死家庭』より引用
  • 彼女は以前から、無理矢理に自分の貞操を奪った蓑浦氏に、復讐ふくしゆうする機会をねらっていた。 横溝正史『幻の女』より引用
  • トミーは無理矢理に自分の気を引き立てた。 クリスティ/一ノ瀬直二訳『秘密組織』より引用
  • そう美緒子は無理矢理に自分に言いきかせた。 森瑤子『TOKYO愛情物語』より引用
  • と、無理矢理に自分に言い聞かせた。 藤原正彦『若き数学者のアメリカ』より引用