無理やり起こし

11 の用例 (0.00 秒)
  • 深い水の底で生まれたか、眠っていたはずの妖怪を、無理やり起こしたのは人間だ。 岩本隆雄『イーシャの舟』より引用
  • まだ休みたがっている体を無理やり起こし、年輝は立ち上がった。 岩本隆雄『イーシャの舟』より引用
  • 忠志はそう言うと、雅之の腰の下に手を差し入れて、無理やり起こしてしまう。 若月京子『トラブル・トラブル』より引用
  • それもそのはず、帰宅したのがつい一時間前で、寝入ろうとしたところを無理やり起こし、台所まで引きずってきたのだ。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第04巻』より引用
  • 父は、義母の肩を無理やり起こし、自分に向けると、義母を殴った。 乃南アサ『紫蘭の花嫁』より引用
  • 短い返事につづいて、泥酔しているところを無理やり起こされた者が出す、低くて不機嫌なうなり声をらした。 吉村達也『ワンナイトミステリー4 「倫敦の霧笛」殺人事件』より引用
  • ところがその後、予想外にも、阿久津に無理やり起こされた。 伊坂幸太郎『死神の精度』より引用
  • 無理やり起こされたというのが正解だった。 若月京子『トラブル・トラブル』より引用
  • 夜中に無理やり起こされて、明け方までビール片手の雑談に付き合わされることはたびたびあった。 鈴木光司『ループ』より引用
  • 物凄い力で、バロットの左手が引っ張られ、無理やり起こされたかと思うと、重力フロートの圧迫に突き飛ばされ、背後の壁に叩きつけられていた。 冲方丁『マルドゥック・スクランブル The Third Exhaust 排気』より引用
  • なお、オリンピックが開催されない年に登場する際は大方、年をごまかす両津に無理やり起こされ激怒するオチであり、136話「五輪にゃまだ早い」、263話「街角サッカー2002」、306話「ナンバーワンポリス決定戦」の3回に登場する。