無理やり結婚

13 の用例 (0.00 秒)
  • 見も知らぬ男に誘拐され、無理やり結婚させられそうになったとしたら。 橘香いくの『ブランデージの魔法の城1 魔王子さまの嫁取りの話』より引用
  • それにノーマルだったら、いやがる女と無理やり結婚しようなんて思わない。 吉村達也『お見合い』より引用
  • そこで王虎に無理やり結婚させられそうになった王元は家を飛び出し、南に住んでいる、自らの母とは別の王虎の妻の下に身を寄せる。
  • こんなことになるのなら、親の決めた相手と無理やり結婚させようとするのではなかった、自分達が馬鹿ばかだった、という具合に。 喬林知『今日からマ王 第05巻 外伝 「閣下とマのつく土佐日記!?」』より引用
  • 無理やり結婚しても幸せになれるとは思えない。 樹生かなめ『~ラベンダー書院物語~ その男、熱愛中につき』より引用
  • そればかりか、友紀を「ダンナさま」と呼ぶ少女りぜると、国家権力により無理やり結婚させられる。
  • 無理やり結婚させられそうで鈴鹿は可哀相かわいそうなはずのに、伊央は同情を感じるよりうすら寒い恐ろしさを感じた。 藤村裕香『ヴァニラな花嫁くん』より引用
  • バートラムの視点に立てばはっきり嫌いだと告げている女につけまわされ、皆の前で恥を掻かされたうえに陰謀によって既成事実を作られて無理やり結婚させられるというバッドエンドになるのである。
  • 買い占めて無理やり結婚するなんて、昔の話だ。 曽根圭介『鼻』より引用
  • ランスロット卿は、無理やり結婚させられる王子のSOSの手紙を女性のものと勘違いし、城に飛び込んで大殺戮をした。
  • 隣の領地のホーンウッド家がその領主も世継ぎも失ったと聞きつけた時、彼は未亡人となったレディ・ドネルラ・ホーンウッドを誘拐し無理やり結婚する。
  • アンナ・ソフィーは長男をザクセン=アイゼナハ公女エレオノーレと無理やり結婚させたが、ヨハン・ゲオルク4世はビッラとの同棲生活をやめなかった。
  • この祖父は、領地を広げるために、ジル・ド・レを近隣の領主の息女カトリーヌ・ド・トアールと無理やり結婚させた。