無理やり押し

14 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は手のなかに無理やり押しこまれた帽子を持って、廊下に出た。 シムノン/長島良三訳『メグレと深夜の十字路』より引用
  • 男にはさっきよりも味方が大勢いて、彼らは入口から見て左手の二つのテーブルの間に霧吹き男を無理やり押しこんだ。 ヘミングウェー/永井淳訳『危険な夏』より引用
  • 辺りをはばかり、声を無理やり押し殺したという雰囲気だった。 乙一『暗黒童話』より引用
  • 無理やり押し通って通れないことはないだろうが、怪我けがでもさせたら初めて行く場所であるテレオの人間たちに悪い印象を与えてしまうだろう。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅳ』より引用
  • 狂った道世はゴム人形を口の小さな花瓶のなかに無理やり押しこもうとしていた。 今邑彩『赤いベベ着せよ…』より引用
  • と、煩悶はんもんを無理やり押し殺しての披露だったのだが、ふたを開けてみると意外や意外、というか予想通りというか、とにかくまあ妙にウケがよかったのである。 原田宗典『東京困惑日記』より引用
  • 多分赤く焼けた鉄を押しあてている間に悲鳴が洩れるのを防ぐためか、丸めた靴下を、口の中に無理やり押しこんだらしい。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』より引用
  • コンビニの袋をバッグに無理やり押しこみ、バッグをななめにかけ直した。 若竹七海『悪いうさぎ』より引用
  • 知覚を極限まで拡大し、意味や存在の地平線を無理やり押し広げる。 石田衣良『骨音 池袋ウエストゲートパーク3』より引用
  • これまでも、ちょっとした段差や張り出し過ぎている枝やなんかは無理やり押し通って来ていたのですが、これはちょっと大物すぎました。 久美沙織『小説版MOTHER1』より引用
  • 刃状転位は、転位のない結晶に余分面を無理やり押しこんだ形の結晶欠陥である。
  • 一月二十六日の午後八時台、室崎は特別収蔵品室の前に香川伸子を呼び出し、Fシステムのセンサーに彼女の指を無理やり押し当ててドアを開けさせた。 大山誠一郎『アルファベット・パズラーズ』より引用
  • その時の恵美子のマシーンは、サニーを基本としたボディに、三リッターにボア・アップし、D・O・H・C二十四ヴァルヴとクーゲルフィッシャー燃料噴射装置でフル・チューンしたL二八型六気筒エンジンを無理やり押しこんだシルエット・マシーンであった。 大藪春彦『非情の女豹』より引用
  • 「肉がでっかい、実がでっかい」ってコピーで、ちいさな女の子が牛肉の固まりを口に無理やり押しこむやつ。 石田衣良『うつくしい子ども』より引用