無残な最期

40 の例文 (0.00 秒)
  • 登場人物たちが大混乱の中で次々と滑稽で無残な最期を遂げていく。 ...
  • 志摩子も妹の無残な最期には驚いたが、不思議にも涙一滴こぼさなかった。 ...
  • それは血の色であり、見る者の無残な最期を暗示する色だった。 ...
  • 自分の子どもがどこかで無残な最期を迎えたとき、何もしてやることができなかった。 ...
  • 自身はなんの罪もないのに、みんなこの俺の罪のために、 無残な最期が彼らの魂にふりかかったのだ。 ...
  • 悪人には悪人の報いがあるとはいえ、これはまた、あまりにも無残な最期。 ...
  • そこで背後にとり残されて無残むざん最期さいごを遂げる哀れな兵士がひとりもいないことを確認するために、炎のほうへむかって廊下をかけのぼって行った。 ...
  • ここで敵を見逃したら、伯爵の無残な最期は、一生、お前の胸の中にしこりになって残る。 ...
  • そう思えば、あの美井奈の無残な最期さいごを思い出してしまう。 ...
  • 果敢なる楊家の女も遂には汚泥の溝に落ち、無残な最期を遂げてしまうのか。 ...
  • 罪なくしてここへ招かれ、無残な最期を遂げた人々への憐憫ゆえか、それとも、自らに直結する運命的な何かを見ているのか。 ...
  • 馬鹿な男さ、何一つ無残な最期を防いではくれないのに。
  • おそらく彼は、悲恋の相手の無残な最期を見て世をはかなんだか、それとも殉ずる気持ちでか自殺したのでしょうが、私にとってはもっけの幸いでした。 ...
  • 卵型のおんもらとした顔ができのいい仏像でも見るように清らかで、それだけにこの無残な最期があわれなようである。 ...
  • それにしましても、甥は無残な最期を遂げました。 ...
  • それで、白兵戦でも、無残な最期のときを防ぎよけはしたものの、退却しようにも、戦さのあいだから、もうはや足が早く運んでいってくれなかった。 ...
  • さっきの機動歩兵の無残な最期が、頭に浮かんだ。 ...
  • 次へ