無料奉仕

29 の用例 (0.00 秒)
  • これは彼の主要な収入源となっていたが、この頃は無料奉仕が多かった。
  • 事故の代償として、医者不足で悩んでいた町の病院で無料奉仕することになった。
  • 無料奉仕ではあったが、各区でたった二名しか選ばれないのだから、その中の一名に入るのは名誉であった。 工藤美代子『工藤写真館の昭和』より引用
  • それでは、私は何をすべきなのか、と、無料奉仕の職さえ失ってから呆然ぼうぜんとした。 森瑤子『別れの予感』より引用
  • アマゾンの奥地まで無料奉仕にきたふたりの医師と医学生に、むしろ驚いたようである。 三好徹『チェ・ゲバラ伝』より引用
  • バーテンダー、ウェイターも「神戸」の連中が、無料奉仕を買って出た。 本田靖春『ニューヨークの日本人』より引用
  • 彼は南アメリカとロサンゼルスのアフリカ系アメリカ人コミュニティのために無料奉仕の法律貢献も行う。
  • 朝早く、本部から派遣されたこわい顔の刑事が、事件関係者をひとりずつ訪ねて行って、そのまま無料奉仕の護衛役をつとめた。 クイーン/石川年訳『中国切手殺人事件』より引用
  • そのガイドが無料奉仕ではなくてしかるべき謝礼がでると聞いた途端に、彼はガラリと態度を変えてこの役を買ってでたんです。 鮎川哲也『戌神はなにを見たか』より引用
  • その上、今夜は無料奉仕のボランティア警備員までいた。 梅原克文『カムナビ(下)』より引用
  • 十日に一度の無料奉仕である。 池宮彰一郎『その日の吉良上野介』より引用
  • 彼等は槍ヶ岳とはどんな山か知らなかったが、富士山に次ぐ高い山に鎖がかけられ、その頂上に安置された仏の慈悲に容易にあずかることができると聞いて無料奉仕した。 新田次郎『槍ヶ岳開山』より引用
  • 恐らく、村人のための無料奉仕とか考えて、お金が振り込まれているなんて話はとんと忘れているに違いない。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編かけら&TIPS』より引用
  • かというと、つまり、その日を境にして、ボクは街灯のスイッチを入れる、無料奉仕をやめてしまった、というワケじゃないんです。 南伸坊『ぼくのコドモ時間』より引用
  • 無料診断・無料奉仕活動などを行い、この頃に培った奉仕の精神が、晩年の行動へと結びついて行く。
  • 公表をさしひかえる期間について、連合政府とのおりあいがつけば、無料奉仕期間はもっと長くなるはずです。 ブリン『サンダイバー』より引用
  • 無料奉仕のエキストラには謝礼としてTシャツが配布された。
  • 彼女は幼い頃から仕えてきたイェニーを崇拝しており、40年もマルクス家に献身的に仕え、マルクス家の困窮の時にはしばしば給料ももらわず無料奉仕してくれていた。
  • ただ働き、無料奉仕だったことになる。 森博嗣『X 01 イナイ×イナイ (講談社ノベルス)』より引用
  • 本作の出演者は演技する者を除いてほとんどが無料奉仕のエキストラであり、のべ3000人程度のエキストラが募集され、1万人近くの応募があった。
  • 次へ »