無慈悲な夜の女王

21 の用例 (0.00 秒)
  • その長さにもかかわらず、『月は無慈悲な夜の女王』は、非常に中身の濃い小説といえる。 ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』より引用
  • また、各話タイトルには「月は無慈悲な夜の女王」「夏への扉」など、いくつか著名な小説の名が付けられているものがある。
  • フロンティアにこそ自由があるという結論は『月は無慈悲な夜の女王』や『愛に時間を』と変わらない。
  • 本作のタイトルはロバート・A・ハインラインのSF小説『月は無慈悲な夜の女王』から取られている。
  • ハインラインの小説には『月は無慈悲な夜の女王』をはじめとして、肯定的な役割を演ずる日本人キャラクターも登場しており、簡単に判断するのは難しい。
  • コンピューターによって作戦を立てられ、操作された惑星衛星間戦争・科学的革命は胸おどるものであり、全体としていえるのは、『月は無慈悲な夜の女王』は、かれのヒューゴー賞を受けた四つの小説のうち最高の作品である。 ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』より引用
  • しかしアメリカにおいては『月は無慈悲な夜の女王』と『異星の客』がクローズアップされることが多く、『夏への扉』は日本での限定的な人気にとどまっている。
  • この定理の名称は、ハインラインのSF小説『月は無慈悲な夜の女王』で有名になった格言のに由来する。
  • 初期の頃は未来史シリーズなど、科学小説としてのSFを書いていたが次第に社会性を強め、『宇宙の戦士』では軍国主義を賛美する兵士の描写があったことから右翼と呼ばれ、一方の社会主義者の名残が表れている『月は無慈悲な夜の女王』では左翼と呼ばれるなど多彩な顔を持った。
  • デイビッド・エイルワードの長いハインライン論で『月は無慈悲な夜の女王』にふれた部分の重要なところはつぎのとおりだ。 ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』より引用
  • ハインラインの後の作品、例えば『月は無慈悲な夜の女王』は社会主義者あるいはリベラリストの名残も見られ、他にも『異星の客』のような共産主義的な風刺小説を書いたり、『愛に時間を』で国のために戦うのは馬鹿げているかのような発言をするなどした。
  • このボイスドラマ「無常の月」はリプレイ「月は無慈悲な夜の女王」を原作とし、その登場人物の一人「月代一臣」をメインにリプレイの物語に月代の過去の描写が追加されている形になっている。
  • The Golden Globe にはさらに冥王星の流刑地コロニーから発展した社会と、その衛星であるカロンで発展した社会が登場し、ハインラインの『月は無慈悲な夜の女王』によく似た状況が描かれる。
  • これは、人間-コンピュータ コミュニケーションを適合可能にすると考えられて、ロバート・A・ハインラインがSF小説月は無慈悲な夜の女王でこの言語を言及することの要因となった。
  • 他に大当たりした作品を挙げるならば、『月は無慈悲な夜の女王』を初めとするロバート・A・ハインラインの長編3作がある。
  • よりSFらしい例としては、ロバート・A・ハインラインの『月は無慈悲な夜の女王』があり、普段リバタリアンSFを読まない人々からも高く評価された。
  • それが『月は無慈悲な夜の女王』においてぶちまけられ、『悪徳なんかこわくない』『愛に時間を』では、まったく何物にも拘束されない書きかたとなってきた。 ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』より引用
  • 例えば、上記の『宇宙の戦士』は兵隊出世物語のSF版、『ダブル・スター』は『ゼンダ城の虜』の政治SF版であり、『異星の客』は風刺小説、『月は無慈悲な夜の女王』は植民地の独立をそれぞれSFにしたものである。
  • アーサー・C・クラークの『渇きの海』『地球光』、R・A・ハインラインの『月は無慈悲な夜の女王』などがおすすめです。 野尻抱介『ロケットガール 03』より引用
  • ログランは、ロバート・A・ハインラインの有名な月は無慈悲な夜の女王とロバート・リンマーのユートピア文学Love Me Tomorrowの2つのサイエンス・フィクション作品で言及された。