無味乾燥

366 の用例 (0.01 秒)
  • この無味乾燥な現実の中で生の瞬間を味わえるだけでもよいではないか。 李成『砧をうつ女』より引用
  • このとき私には、おのれの誠実さがただの無味乾燥とも見えるのである。 酒井健『バタイユ入門』より引用
  • 歴史書が無味乾燥で、何かもの足りないのはそのためではないのか。 稲垣史生『考証[時代劇]』より引用
  • やがて、長い無味乾燥な灰色の時間のほかには、何も見えなくなった。 ロッデンベリイ『スター・トレック4/故郷への長い道』より引用
  • よし俺のナイス・ジョークでこの無味乾燥の 空気を笑いに染めてやる。 きゃんでぃそふと『つよきすACT E』より引用
  • 無味乾燥な現実の中で、ただ一人、恭介に夢を見せてくれたあの人が。 三雲岳斗『レベリオン 第01巻』より引用
  • 空港はどこの国へ行っても無味乾燥に思うことが多いでしょう。 谷川一巳『世界の「空港」物語』より引用
  • 無味乾燥な解説書と違って、まるで自分がその場にいるような臨場感がある。 定金伸治『ユーフォリ・テクニカ王立技術院物語』より引用
  • 彼にとって、無味乾燥な机に向かってのサラリーマン生活がつづいていた。 西村京太郎『赤い帆船』より引用
  • いまは劇の話をしているのであって、無味乾燥な歴史の事実を話しているわけじゃない。 ヨーヴィル『ドラッケンフェルズ』より引用
  • なんて無味乾燥な話だろうと思ったけど、驚いたことに、その通りだったのよ。 モンゴメリ/神山妙子訳『赤毛のアン』より引用
  • あまりにも無味乾燥すぎて、人を馬鹿にしているみたいに感じた。 森博嗣『G 07 目薬αで殺菌します』より引用
  • あの無味乾燥な数字の羅列を見ると頭が痛くなる、という人さえいる。 宮脇俊三『終着駅は始発駅』より引用
  • 無味乾燥なアナウンサーの声がラジオから流れ、温子は車内に目を戻した。 福井晴敏『終戦のローレライ(下)』より引用
  • 私はなるべく無視して無味乾燥な文を重ねていったが、だんだんと不安に襲われた。 高橋克彦『前世の記憶』より引用
  • ことに現地がどんなに暑い無味乾燥な土地かということがわかったら。 ブラウン『天の光はすべて星』より引用
  • ずっとしっかりした口調で、暗記したように無味乾燥な話し方になっていた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05a ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上)』より引用
  • 無味乾燥な言葉だったが、その口調のなにかがジョニーを元気づけた。 ニーヴン&パーネル『悪魔のハンマー〔下〕』より引用
  • 壁にも窓の類は殆ど無く無味乾燥とした印象が強い。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 01 ウェイワード・クリムゾン』より引用
  • それが無味乾燥なものであれ、やはり私たち日本人、皆で選んでしまった道なのである。 坂東眞砂子『身辺怪記』より引用
  • 次へ »

無味乾燥 の使われ方