無人の廃屋

10 の例文 (0.00 秒)
  • 常に静かなところだが、まるで無人の廃屋に迷い込んだような気が静信にはした。 ...
  • しばらく来て見ぬうちに、まるで、無人の廃屋のような、荒涼としたものがあたりにただよっている。 ...
  • わたしはマントンに、少年が忌避される無人の廃屋に行った理由を告げ、少年が興味をいだいたのも当然で、窓にむかいあって坐っていたものの姿が窓ガラスに残っていると信じていたからだと教えてやった。 ...
  • 以後、被害者の生家は無人の廃屋となっていますが、死体発見現場近くの屋島西町。 ...
  • 男子の血筋の末裔にあたるキャリントン・ハリスは、わたしの体験を耳にするまで、伝説のめざましい中心になっている無人の廃屋と見ていただけだった。 ...
  • 母をしのぶつもりもあり、当面、そのままにしておくつもりでいたものの、無人の廃屋を放置しておくのは何かと気がかりなことではあった。 ...
  • カーターはマントンに、1793年に発狂し、屋根裏に閉じこめられた少年の姿が窓に映るという無人の廃屋の話をした。
  • 一、二間程度の手狭な土間に、人足二人の宿所も兼ねているため、奥に一部屋、畳敷きの間を用意してあるが、それとて無人の廃屋を思わせる荒れ加減である。 ...
  • 終末めいた無人の廃屋。 ...