無二無三に駈け

3 の用例 (0.00 秒)
  • 子供はと見ると、もう車から七、八間のところを無二無三にけていた。 有島武郎『卑怯者』より引用
  • 馬は、きずの痛みでうなっている何小二かしょうじを乗せたまま、高粱こうりょう畑の中を無二無三むにむさんに駈けて行った。 芥川竜之介『首が落ちた話』より引用
  • 人の身のたけよりも高い高粱は、無二無三むにむさんに駈けてゆく馬に踏みしだかれて、波のように起伏する。 芥川竜之介『首が落ちた話』より引用